LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

蜜いもマーブル @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ


蜜いもマーブル @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ


蜜いもマーブル @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ

ABCクッキングスタジオで、ブレッドコース 新リッシュクラスの蜜いもマーブルを
作ってきました
紫いもパウダーを使った生地とプレーン生地をマーブル模様になるように成形し、
焼き上がり後、はちみつを塗り、さつま芋の甘露煮をトッピングした和スイーツパン

プレーン生地の方はサックリ食感で紫いも生地はしっとり食感です。
もともと同じ蜂蜜入りの生地ですが、捏ね上がり直前に生地を2分割し、片方だけ
紫いもパウダーを混ぜ込みます。

焼成後、パン生地に蜂蜜をハケでぬり、蜂蜜であえた さつまいもの甘露煮を
トッピングして完成です。
蜂蜜がとっても主張しているパンで、紫いもの風味は感じられないけれど
色合いがとてもキレイ
トッピングの さつま芋の甘露煮も、もともと甘いものですが、さらに蜂蜜であえるので
かなり甘くなります。 パン生地にも蜂蜜をぬってるので、見た目以上に甘いパンです。



蜜いもマーブル @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ

レッスンでは、6本作ります。
お持ち帰りは、ABCクッキングスタジオのロゴ入りケーキボックスに入れます。
薩摩芋の甘露煮は持ち帰り可能なので、私は帰宅してから、薩摩芋の甘露煮を
パンにトッピングして仕上げました。


スポンサーサイト

ハニーサワーレーズン @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ


ハニーサワーレーズン


ハニーサワーレーズン

ABCクッキングスタジオで、ブレッドコース 新リッシュクラスのハニーサワーレーズンを
作ってきました


卵黄と蜂蜜を加えた生地にバターの代わりにサワークリームを加え、ラムレーズンを
混ぜ込んだリッチな食パンです  
280gの粉量に対して、卵黄2個分と全卵半分、はちみつ30g、水 110ccなので かなりゆるい
生地です。 おまけに油脂分がやわらかいサワークリーム。
めちゃくちゃ捏ねずらく、ベタベタと手と台にくっつき、捏ねるのに時間がかかりました。
捏ねは大変だけれど、成形も簡単だし、食パンなので発酵の合間の作業が形にバターを
ぬるくらいで、とてもヒマなレッスンでした。
成形は とても簡単で、8分割した生地をそれぞれ丸めて、食パン型に並べるだけです。
ブリオッシュナンテールという、リッチなブリオッシュ生地で作る食パンみたいな感じ
焼成前に ぬり卵をし、あられ糖をトッピングしました。


サワークリーム入りのパン生地は初めてでしたが、サワークリームの酸味や酸っぱい臭いも
いつの間にか消え去り、食べるときはサワークリームの酸味は ほとんど感じません。
はちみつも卵もたっぷり入って水分量が多いので、焼きあがったパン生地はフワフワ~
ふわふわだけれど、しっとりもしてるので、そのまま食べても美味しいです。
私はトーストしないでそのまま何もつけずに食べたけれど、娘ちゃんはマーガリンをぬり、
グラニュー糖をふりかけ、軽くトーストして食べてました。
フレンチトーストみたいな味がして美味しいと言ってました





ヘーゼルナッツカフェ @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ


ヘーゼルナッツカフェ @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ


ヘーゼルナッツカフェ @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ

ABCクッキングスタジオで、ブレッドコース 新リッシュクラスのヘーゼルナッツカフェを
作ってきました。
今年、リッシュクラスのメニューがリニューアルされた時、このパンを作りたいっ
直感的に思いました。
ベースのパン生地はコーヒー風味のリーン生地で、ヘーゼルナッツ、カカオニブ、
いちじく、ラム酒漬けレーズンをたっぷり混ぜ込んで香ばしく焼き上げたパンです。
230gの粉量に対して、大さじ3杯の粉末コーヒーを配合しているので、かなり
苦い生地なのですが、いちじくとラムレーズンが甘みをプラスしてくれるので
食べやすくなってます。
ちなみに 息子はチョコクリームをつけて食べてました。



ヘーゼルナッツカフェ @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ

薄くスライスしても、フィリングの存在感が
ヘーゼルナッツが丸ごとゴロゴロ入ってて食感が良いです。
また、カカオ二ブの苦みとドライフルーツの甘みがいい感じにコーヒー風味の
香ばしい生地に良く合います。
レッスンを担当してくださった先生が言ってましたが、このパンは好き嫌いが
分かれるメニューらしいです。
私は まぁまぁ好きな味でしたが レシピだけでは味のイメージが難しいですが
コーヒー味の甘いパンだと思ったら大間違いです。
メニューを選択される前に先生に聞いたり、ネット情報を下調べしてからの方が
良いと思います。
ちなみに私が自宅で このパンを復習するときはコーヒーをレシピから外します。
プレーンなリーン生地の方がフィリングの味を引き立てて美味しいと思う。



ヘーゼルナッツカフェ @ 新リッシュ ABCクッキングスタジオ

こちらは、ABCクッキングスタジオで焼き立てを撮影しました。
成形は コルプ型のオーバルを使用しました。
マスタークラスのM9. パン・オ・セーグルと同じ型でした。
レシピ記載のクープのイメージがよくわからなかったので、クープ入れに
手間取りましたが、まぁまぁなんとか いい感じに焼き上がりました。
またいつか、自宅で復習したいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。