11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

おからライ麦食パン

2018.12.11 (Tue)

おからライ麦食パン

おからとライ麦で食パンを焼きました
細挽きのライ麦を使用しているので、食感は軽く、ふんわりしています。
ダイエット用に作っているのですが、味も普通のパンと変わらないので
毎朝、飽きずにチーズトーストにして食べています。
ライ麦とチーズの組み合わせは最高です



おからライ麦食パン

おからダイエットを始めてから約3ヶ月、毎朝、おから入りのパンを食べています  
今まで、全粒粉、小麦胚芽、オートミールなど、いろんな粉をブレンドして、一番効果が
出る粉の配合を模索してきた中で今のところ、私はライ麦が一番効果がありました。
私にはライ麦+おからが効果ありでしたが、人それぞれなのでみなさんもいろんな
配合を試してみてくださいね
おからのおかげで たった3ヶ月でダイエット本が書けそうなくらい大幅減量に成功
おからパンは粉の配合でアレンジし放題なので飽きずに続けられるし美味しいし、
腹持ちが良いので、おからダイエットが長続きする秘訣だったのかも。



材料 ( 食パン型 1斤分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 250g
・ ライ麦全粒粉 細挽 (ヴァンガーラント) ・・・・・ 50g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ バター ・・・・・ 20g
・ おから ・・・・・ 50g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ2
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g ( 小さじ1強 )
・ 水 ・・・・・ 210ml


作り方

・ 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずに
  レンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。

おから


1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して3分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。


3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。

おからライ麦食パン



4. 食パン型に 先に丸めた生地から順番に並べる。
  生地を上から手のひらで軽く押さえる。
  生地に適度な刺激を与えることで、二次発酵の際、よく膨らむ。 
  型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い
  40℃で45~50分、二次発酵させる。
  冬場、室温が低いときは発酵が鈍くなるので様子を見ながら発酵時間を
  調整してください。

おからライ麦食パン



5. 二次発酵完了の目安は、山のてっぺんが型の高さ 1cm位上まで
  上がっていたらOK

おからライ麦食パン



6. オーブンを190℃で予熱しておき、発酵終了後、190℃で30分焼成する。
  焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから
  型ごとストンと落とし、ショックを与える。
  すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。
  焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の
  腰折れを防ぐためです。

おからライ麦食パン



このレシピで使用したアイテムです




おから

( 株 ) 小菱屋 「国産大豆のおから」 300g入り
国産大豆を絞ってできた「国産大豆100%」のおからです。
真空パックで日持ちが良く、加熱処理済みなので すぐに使用できて便利
パン、焼き菓子作りに使用してもパサつかず、しっとり仕上がります。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

21:02  |  [BREAD]おからパン

セーグル・フィグ・ノア・レザン

2018.12.07 (Fri)

セーグル・フィグ・ノア・レザン

大好きなライ麦生地にラム酒で漬けこんだレーズンとイチジクと香ばしくローストした
クルミをたっぷり混ぜこんでライ麦パンを焼きました
ホームメイドパンの良いところは自分の好きなパン生地と具材を組み合わせて
自分の好みのパンが作れること 世界に一つだけのパンです

私の好きなライ麦パン生地はリーン生地の配合に近いけれど、油脂分のバターは
必ず入れます。 成形時に伸びがよくなって、成形しやすいから。
クラスト ( 皮 ) は、パリッと香ばしく、クラムは軽く、ふんわり食感のライ麦パンが
理想です。 もともと、ライ麦パンは どっしりと重い食感のドイツパンのイメージだけど。
そんな重いライ麦パンは苦手なので、ライ麦選びから入念にします。
細挽きのライ麦を使用し、ホームベーカリーの生地作りコースで捏ねます。
手で捏ねるより、捏ねるパワーが大きいので ふんわり食感になります。



セーグル・フィグ・ノア・レザン

クラストはパリッと香ばしく、クラムは軽い食感です。
ライ麦パン生地にラム酒漬けのレーズンとイチジク、香ばしくローストしたクルミの
組み合わせは最強だと思うくらい、私のお気に入りです
生地に配合されている砂糖は少ないですが、ラム酒漬けのレーズンとイチジクが
とても甘いので、砂糖の量は少なめでも大丈夫です。
でも砂糖を全く入れないと、イーストのエサがなく、発酵が鈍くなるので最低でも
5gは入れた方がいいと思いますが・・・



材料 ( 2個分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 200g
・ ライ麦全粒粉 細挽 (ヴァンガーラント) ・・・・・ 50g
・ 砂糖 ・・・・・ 10g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ 無塩バター ・・・・・ 10g
・ 水 ・・・・・ 160ml
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g
・ クルミ ・・・・・ 40g 
・ レーズン ・・・・・ 50g  
・ ドライ イチジク ・・・・・ 100g
・ ラム酒 ( 漬け込み用 )  ・・・・・ 大さじ2 

* ライ麦全粒粉 細挽 (ヴァンガーラント) ・・・・・ 小さじ2



下準備 

ドライフルーツは戻さずそのまま使用すると、パン生地の水分を吸い取ってしまい
パン生地がパサパサになるので、必ず、下準備をしましょう。

レーズンとドライイチジクは ぬるま湯で丁寧に洗い、コーティングオイルやゴミを
落とす。 オイルがコーティングされていない場合でも同じく処理してください。 
ぬるま湯で洗うことで、ドライフルーツがふっくらと戻ります。
水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、イチジクは適当な大きさに切る。
レーズンとイチジクをラム酒に漬ける。
できれば、一晩以上、2~3日漬けこむと風味が増して美味しいです。
使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり
取り除いておく。 

ラム酒漬けレーズン、いちじく



作り方

1. クルミは 170℃ ( 予熱なし ) のオーブンで10分、ローストし、5mm角に砕いておく。


2. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を捏ねる。
  クルミはレーズンナッツ容器にセットし、自動投入する。 ( パナソニックのHB使用 )


3. 生地の捏ね上り直後にパンケースから生地を一旦、作業台に取り出し、生地を広げ、
  ラム酒漬けレーズンとイチジクを混ぜ込み、丸くまとめて、ホームベーカリーの
  パンケースに戻し、最後まで発酵させる。 この作業は手早くしてください。 
  ホームベーカリーの混ぜ込み機能を使うとラム酒に漬けたレーズンが潰れて水分が
  出て、生地がベタつき、発酵が鈍くなります。
  手間はかかりますが、ドライフルーツは手で混ぜ込んだ方がキレイに仕上がります。

セーグル・フィグ・ノア・レザン



4. 生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して 2分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。

セーグル・フィグ・ノア・レザン



5. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。
  *印のライ麦全粒粉 ( 小さじ2 )をラップに広げ、丸めた生地の表面全体に薄く 
  まんべんなくつける。 生地のとじめ( 底面 )には粉をつけないように気をつける。



6. 生地のとじめを下にして、オーブンの天板に並べ、クープナイフで
  切り込みを入れる。 クープの入れ方は 十字や格子状など、ご自由に。 

セーグル・フィグ・ノア・レザン




7. 並べた生地の上に ふんわりとラップをかけ、その上に かたくしぼった
  ぬれ布巾をかけて、オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。
  ( 40℃で35分~ )

セーグル・フィグ・ノア・レザン




8. 下の写真は二次発酵後の生地です。 
  二次発酵後、生地全体に霧吹きで霧をふきかけ、220℃で予熱しておいた
  オーブンで 18分焼成。

セーグル・フィグ・ノア・レザン


セーグル・フィグ・ノア・レザン



9. 焼成後、ケーキクーラーに移し、粗熱をとる。
  オーブンの種類・使用年数により、焼き具合は若干異なる為、
  火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミをかけて残り時間を焼いてください。

セーグル・フィグ・ノア・レザン



このレシピで使用したアイテム










テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

13:16  |  [BREAD]テーブルパン 

豆乳のプチパン

2018.12.02 (Sun)

豆乳のプチパン


豆乳のプチパン

仕込み水を豆乳100%にした、豆乳のプチパンです
バターなどの油脂分ゼロ、砂糖も少量だけの配合となっており、ダイエット中でも
安心して食べれます。
リーンなパンなので、クラストはパリッと香ばしいですがクラムは豆乳のおかげで
もっちり食感。 シンプルなパンならではの粉のおいしさを味わえます。
スープやシチューなどと一緒にいただいても料理の味の邪魔はしないので
お食事とともに召し上がってください



豆乳

豆乳はマルサンの有機豆乳無調整を使用しました



材料 ( 8コ分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 250g
・ 砂糖 ・・・・・ 10g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ 豆乳 ( 成分無調整 ) ・・・・・ 200ml
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 小さじ1

* 強力粉 ( 成形用 ) ・・・・・ 適量



作り方

1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して8分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。


3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。
 
豆乳のプチパン



4. 成形用の強力粉を生地の表面にまぶしつける。 
  底面のとじ目には粉をつけないように気をつける。

豆乳のプチパン



5. オーブンの天板に並べ、上から ふんわりとラップをかけ、その上に かたくしぼった
  ぬれ布巾をかぶせ、オーブンで二次発酵させる。 ( 40℃で30分~35分 )

豆乳のプチパン



6. 二次発酵後、クープナイフでクープ ( 切りこみ ) を入れる。

豆乳のプチパン



7. 190℃で予熱しておいたオーブンで 15分焼成する。

豆乳のプチパン



8. 焼成後、ケーキクーラーに移し、粗熱をとる。
  オーブンの種類・使用年数により、焼き具合は若干異なる為、
  火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミをかけて残り時間を焼いてください。

豆乳のプチパン


テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

21:22  |  [BREAD]テーブルパン 
 | HOME |  NEXT