LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

セーグル フリュイ ルージュ ( SEIGLE FRUITS ROUGES )

blog_2017may19_001.jpg


blog_2017may19_008.jpg


セーグル フリュイ ルージュ ( SEIGLE FRUITS ROUGES )を焼きました。
ライ麦とリスドォルをブレンドした生地に サクランボの蒸留酒「キルシュワッサー」で
漬けた4種のベリーミックス ( クランベリー、カシス、チェリー、ブルーベリー )を混ぜ込み、
仕込み水にはヨーグルトをたっぷり。


「フリュイ ルージュ FRUITS ROUGES (赤い果物)」の名の通り、4種のベリーミックスの
赤い色が鮮やかで とても良い色味をしています。甘酸っぱい香りがたまらない
ライ麦生地の酸味と、4種のベリーミックスの酸味と、後味にくるドライフルーツの熟した
甘みが調和して、おいしさを引き立てています。




blog_2017may19_004.jpg


blog_2017may19_005.jpg


楕円形に成形した後、二次発酵させ、格子状にクープを入れました。
生地の丸みにそって、ナイフの刃を入れるとスムーズにクープが入ります。
クープを入れた後、生地に霧吹きし、高温で焼き上げます。


 レシピメモ

・ リスドォル ( フランス粉 ) ・・・・・ 135g
・ ライ麦粉 ・・・・・ 15g
・ 砂糖 ・・・・・ 10g
・ 塩 ・・・・・ 3g
・ 水 ・・・・・ 50ml
・ プレーンヨーグルト ・・・・・ 45g
・ インスタントドライイースト ・・・・・3g
・ 4種のベリーミックス ・・・・・100g
・ キルシュワッサー ・・・・・大さじ1 ( ベリーの漬けこみ用 )


2次発酵 ・・・・・ 35℃ 30分~
焼成 ・・・・・ 200℃ 25分


富澤商店 楽天市場店で購入できます






カレーチーズオニオン


blog_20170515_19.jpg


ABCクッキングスタジオのブレッド基礎コース ( 2008年10月~ 2013年3月 ) の
懐かしいメニューから、カレーチーズオニオンを復習しました。
このパンはカレー粉を混ぜ込んだ生地に角切りオニオンとプロセスチーズを
巻き込み、上から粉チーズを振りかけて焼きあげた、お惣菜パンです。
カレーと粉チーズの香りが食欲をそそります。
今回はプロセスチーズの代わりにカマンベールチーズを使用したので
焼成中に溶けて、いい感じに美味しく焼けました




blog_20170515_1.jpg

カレー粉はパン生地だけではなく、フィリングのタマネギとチーズにもまぶします。
新玉葱の季節なので いつもより甘いような気がします。
新玉葱は生のままパン生地に巻き込みますが、焼成中に火が入り、食感も味も
いい感じになります。




blog_20170515_3.jpg

blog_20170515_2.jpg

カレー味のパン生地にカレー味のフィリングを巻き込みます。
タマネギが大好きな私、レシピより ちょい多めに入れてます。
新玉葱を使用したので、水分はキッチンペーパーでしっかり取りました。




blog_20170515_x5.jpg

blog_20170515_4.jpg

二次発酵後、粉チーズをたっぷり、ふりかけます。
粉チーズとカレーの組み合わせ、けっこういい感じ




blog_20170515_16.jpg


blog_20170515_17.jpg

ABCクッキングスタジオの2008年10月~ 2013年3月のブレッド基礎コースの
焼成温度って、どのレシピもかなり高温なので、けっこう濃いめの焼き色で
香ばしすぎるくらい香ばしく焼き上がりました。
熱々のパンに粉パセリを散らして、出来上がりです
久々に作ったけど、美味しくできて ついつい食べ過ぎちゃいました



美女と野獣 ~ Beauty and the Beast ~ 


2017_04_10_007.jpg

先週、OSシネマズミント神戸で「美女と野獣」を観ました。
映画館のロビーに 映画に登場するガラスドームに入った一輪の赤いバラが
飾られていました

映画の中で 魔女は王子を醜い野獣に変えた後、去り際に 「バラの花びらが
全て散るまでに、誰かを愛し、そして誰かに愛されるという ”真実の愛”を
見つけなければ、魔法は一生解けることはない」と告げます。


運命と愛の狭間で葛藤する魂の哀哭、怒り、そして深い愛 ・・・
人生の荒波にもまれ、年齢を重ねてきて、今やっと私にも理解できたと思います。
子供の頃に読んだ、絵本の中の「美女と野獣」の中では くみ取れなかった
”真実の愛”を。
この映画は 私にとって究極のラブストーリーでした。


「Evermore」 ( ひそかな夢 )




この曲は、ベルと野獣の二人きりの舞踏会の後、父を救うため城を離れるベルを
見守る野獣が歌います。 ベルへの自らの気持ちと呪いの運命を知りながらベルを
解放した野獣。 再び彼女が戻ってくるか、わからない中、心に抱き続ける犠牲的な深い愛。
映画のラストにはベルが戻ってくるって知っているけど、このシーンに胸が張り裂ける
思いで、涙があふれました。



blog_20170515_003.jpg

映画館の近くにある花壇に咲いていたバラ。
ベルが舞踏会で着ていたイエローの素敵なドレスを思い出します。




blog_20170515_002.jpg

ピンクの可愛いバラも咲いていました。




blog_20170515_004.jpg

このバラたちが咲いていた花壇は、この風景が見える場所
神戸、三宮へお越しの際は この場所を探してみてください。
一年中、きれいな花が色とりどりに咲いています