01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

パン ・ デピス ~ Pain d'épices au miel ~

2017.12.19 (Tue)


Pain d'épices au miel

フランス アルザス地方の銘菓、パン ・ デピス ~ Pain d'épices au miel ~ を
焼きました
パン ・ デピスのデピスとは、スパイスの意味。 スパイスがたっぷりと入った
パンです。  一応、パンとは言いいますが、イーストではなくベーキングパウダーを
使ったケーキのようなものが一般的です。
パウンドケーキに近い生地でどっしりしっとりした茶色い生地でお店によってスパイスの
配合やフルーツ&ナッツの種類・生地感や味わいにも色々な個性があります。
味わいも濃厚なので、シュトーレンのように薄くスライスして食べます。



Pain d'épices au miel

パン ・ デピスの起源は、10世紀に中国で小麦粉とハチミツを使ったお菓子が起源と
言われています。 そのせいか、昔懐かしい香りと食感が・・・
京都の八つ橋のような香り、食感はもっちもっちしていて、黒蒸しパンのような感じ。
ちなみに 11世紀に十字軍によってヨーロッパにもたらされたと言われています。

パン・デピスはクッキーに近いものとケーキに近いものに分けられます。
小麦粉もしくはライ麦粉と小麦粉の混合粉、シナモンやジンジャー、アニスなど数種類の
スパイス、蜂蜜、卵、牛乳などをあわせ膨張材で膨らませた素朴でスパイシーな焼き菓子。
バターなどの油脂分は入ったり入らなかったりで、バターなしだとパサっと乾いた感じに
なるので、それを補うために 洋酒に漬け込んだドライフルーツをたくさん入れて、生地を
しっとりさせます。 また、バター入りだとしっとりリッチな感じに仕上がります。
スパイスは作り手によって使う種類や調合具合が変わってきて、その違いがパン・デピスの
面白さでもあるので、いろんなレシピで試してみてください



パンデピス博物館

アルザスの中心地ストラスブールの南方にあるゲルトヴィラー (Gertwiller) には
とっても可愛い、リアルお菓子の家みたいな外観のパンデピス博物館
 (Le museé du pain d'épices) があります。
とは言っても、パン・デピスを展示しているとかいうわけではなく、アンティークの
お菓子の道具や型が展示されています。
お土産売り場には アルザスのシンボル、コウノトリの人形と並んで、たくさんの
パン・デピスが並んでいます。 大きなどっしりタイプは、バリエーションが豊富です。
アイシングでデザインを施したクッキータイプのパン・デピスもおいてあり、
眺めているだけで幸せな気分になります

パン・デピス博物館 http://www.paindepices-lips.com/
110, place de la Mairie 67140 GERTWILLER  



Pain d'épices au miel

今回のパン・デピスのレシピは、ABC Cooking Studio ブレッドコース マスタークラスの
レシピをベースに作りました。
使用したスパイスは オールスパイス、シナモン、ナツメグの3種類。
オールスパイスとナツメグは肉料理が多い、我が家では必需品で、シナモンも製菓に
たびたび使うので、おうちに常備しているスパイスって感じです。



Pain d'épices au miel

ABC Cooking Studioのレシピでは薄力粉とライ麦粉の混合粉を使用します。
薄力粉とライ麦粉 ( 製パン用 ) とベーキングパウダーを合わせて3回ふるい、
ボウルに入れる。 オールスパイス、ナツメグ、シナモンを加え、泡だて器で混ぜる。
ちなみに 今回はパウンドケーキ型で焼いているので、ABC Cooking Studioのレシピの
倍量で材料を用意しています。 焼成時間も変わります。



Pain d'épices au miel

はちみつを加え、ざっくり混ぜる。
砂糖は入れずに はちみつのみで甘さを調整します。
ちなみに粉量100gに対し、はちみつの量も100gです。



blog_201171217_005.jpg

溶き卵と牛乳を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。



Pain d'épices au miel

さらにドロドロして、泡が出てくるまで混ぜる。



Pain d'épices au miel

ラムレーズンを加える。
ABC Cooking Studionoのレシピはドライフルーツは入れない、プレーン味でしたが
クリスマス用に たっぷり漬け込んでいるラムレーズンがあったので、ラムレーズンを
60グラム入れました。 おかげで 焼きあがった生地がしっとりし、美味しかったです。



Pain d'épices au miel

泡だて器からゴムベラに持ちかえて、切り混ぜする。


Pain d'épices au miel

パウンド型に流し入れる。 クルミとカボチャの種を生地の上に置いて
170℃のオーブンで 50分焼成する。


Pain d'épices au miel

焼きあがったら、型に敷いたオーブンシートごと型から出し、ケーキクーラーの上で
冷ます。 オーブンシートは生地から外さず、そのままラップに包んで 一昼夜、
生地を落ち着かせ、熟成させる。



テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

09:52  |  [SWEETS]焼き菓子

栗原はるみさんのチーズケーキ

2017.12.10 (Sun)


栗原はるみさんのチーズケーキ

栗原はるみさんのチーズケーキ

NHKの「きょうの料理」で放送された、栗原はるみさんのチーズケーキを焼きました。 
クリスマスも近いので、クリスマスデコ仕様です
材料も作り方もシンプルなのに、コクがあって しっとりしていて とても美味しい
今年は 何度もこのチーズケーキを焼きました。
作るたびに ちょこっと配合とか変えたりして、最終的に落ち着いたのが
土台の全粒粉タイプのビスケットを森永ムーンライトビスケット 100gと
バターを30g40gに変更しました。
ムーンライトにすると、しっとりとして美味しいです。
レモン汁も大さじ1から大さじ2に増量しました。 酸味が引き立ち、いい感じ。
中学生の娘がチーズケーキ好きなので 月に1回程度は焼いてます。
混ぜて焼くだけのシンプルレシピなので、娘と一緒に作るのも楽しみのひとつ


詳細レシピはこちら
NHK 【みんなのきょうの料理】 栗原 はるみさんのチーズケーキ レシピ



栗原はるみさんのチーズケーキ

このチーズケーキのポイントは、生クリームを加えたら、時間をかけて 
もったりするまで、よく混ぜることと、テレビでも言ってました。
おかけで 焼成中のひび割れも少なくなりました。



栗原はるみさんのチーズケーキ

我が家の電気オーブンで、180℃で45分焼成しました
この後、粗熱を取り、型から外して冷まし、茶こしで粉砂糖をふりました。



【公式】栗原はるみweb通販





刃の部分は、パンくずがでにくい、両刃付き加工。
ふんわりしたパンも固いフランスパンもどちらも
きれいにカットできます。

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

10:10  |  [SWEETS]焼き菓子

Kouglof aux canneberges ~ クランベリーのクグロフ ~

2017.12.02 (Sat)


Kouglof aux canneberges


Kouglof aux canneberges


ちょこっと早いけれど、クリスマス気分で、クランベリーのクグロフを焼きました
イースト生地ではなく、ケーキの配合です。
さくらんぼのお酒キルシュワッサー で漬けこんだクランベリーと ほんのり甘酸っぱい
レモンピールをパウンドケーキ生地に混ぜ込んでいます。
また、ケーキ生地にもキルシュワッサーを配合し、焼きあがったケーキにもキルシュワッサーで
作ったシロップをたっぷり、まんべんなく刷毛でぬり、しみこましています。
最近、キルシュワッサー の香りにハマってます。

クグロフを飾っているのは、溶かしたホワイトチョコ、クランベリー、刻んだピスタチオ。
焼きっぱなしのクグロフは地味なので、クリスマスカラーで飾りました



材料 ( 約φ140 X H 80mm クグロフ型 )   

・ 薄力粉 ・・・・・ 100g
・ ベーキングパウダー ・・・・・ 小さじ1
・ 無塩バター ・・・・・ 100g
・ グラニュー糖 ・・・・・ 80g
・ キルシュワッサー ・・・・・ 小さじ1
・ 卵 ・・・・・ 104g ( Mサイズ 2コ分 )
・ レモンピール ・・・・・ 30g
・ ドライクランベリー ・・・・・ 50g
・ キルシュワッサー ・・・・・ 大さじ1 ( クランベリーの漬け込み用 )


飾り用

・ キルシュワッサー漬けドライクランベリー ・・・・・ 少量
・ ピスタチオ ・・・・・ 少量
・ パータグラッセ ピュール・ブランシュ ・・・・・ 30g
  ( コーティング用ホワイトチョコレート ) 


仕上げ用シロップ

・ 水 ・・・・・ 大さじ2 
・ グラニュー糖 ・・・・・ 大さじ2
・ キルシュワッサー ・・・・・ 大さじ1  



下準備

・ ドライクランベリーは ぬるま湯で丁寧に洗い、ゴミやコーティングオイルを落とす。
  水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、大さじ1のキルシュワッサーに漬ける。 
  できれば、一晩以上、漬けこむと風味が増して美味しい。
  飾り用に少量、取り分けておく。

・ 卵とバターは室温に戻しておく。

・ 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて 2~3回ふるっておく。

・ クグロフ型に室温に戻したバター ( 分量外 ) を薄くぬり、強力粉 ( 分量外 ) をふって
  余分な粉を落とし、冷蔵庫に入れておく。

・ 仕上げ用のシロップを作り、冷ましておく。
  水とグラニュー糖を耐熱容器に入れて電子レンジで加熱し、混ぜてグラニュー糖を
  溶かす。 粗熱がとれたら、キルシュワッサーも加え混ぜる。

・ オーブンは180℃に予熱する。


作り方

1. ボウルに室温に戻したバターとグラニュー糖を入れ、ゴムベラでなじむまで
  しっかりとすり混ぜる。
  ハンドミキサーの低速で白っぽく、ふんわりしたクリーム状になるまで
  大きく回しながら 5分ほど撹拌する。
  ゴムベラでボウルの側面についた生地を落としながら、中心に集める。


2. 溶き卵の 1/4量を加え、ハンドミキサーの低速で2分ほど混ぜる。
  残りの卵を3回に分けて加え、そのつど同じように混ぜる。


3. 粉類を入れ、ゴムベラで切り混ぜる。
  粉が見えなくなったら、キルシュワッサー ( 小さじ1 )、クランベリー、レモンピールを加え
  生地がなめらかになるまで混ぜる。


4. クグロフ型に生地を入れ、ゴムベラでならす。

Kouglof aux canneberges



5. 180℃に予熱しておいたオーブンで 45分焼く。
  竹串をさして生地がついてこなければ焼き上がり。

Kouglof aux canneberges



6. すぐに型から出し、ケーキクーラーにのせて粗熱をとる。
  シロップを全体にまんべんなく刷毛でぬり、しみこませる。
  そのまま2~3時間おき、ケーキが完全に冷めてから飾りつけをする。

Kouglof aux canneberges



7. 飾りつけ用のコーティング用ホワイトチョコレートを湯煎で溶かし、ケーキの
  頭の部分にスプーンでまわしかける。
  あらかじめ、飾り用に取り分けていたクランベリーと刻んだピスタチオを飾りつける。 



クランベリーのクグロフで使用したアイテムです













テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

09:19  |  [SWEETS]焼き菓子
 | HOME |  NEXT