LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ [BREAD]スイートブレッド 
CATEGORY ≫ [BREAD]スイートブレッド 
       次ページ ≫

ショコラ カンヌベルジュ


ショコラ カンヌベルジュ


ショコラ カンヌベルジュ

2種類のココアパウダーで色付けしたリーンなパン生地に チョコチップと
キルシュ酒漬けのクランベリーを混ぜ込み、コルプ型で焼き上げました。

ココアパウダーは純ココアとブラックココアの2種類を同量ずつブレンドしました。
純ココアだけだと色が薄くなるし、ブラックココアだけだと苦みがきつくなるので
同量ずつブレンドすると、ちょうど良い感じです。

パン生地は、バターが入っていないリーン生地ですが、ホームベーカリーで
捏ねたので、けっこうフカフカです。
手で捏ねると しっかり歯ごたえのある生地になるかも。

ちょこっと苦みのあるココア生地に、ミルクチョコと甘酸っぱいクランベリーが
ほどよい甘みをプラスしてくれるので、とても食べやすいスイーツパンです。



材料 ( 内径:21cmのコルプ型使用 )

・ 強力粉 ・・・・・ 250g
・ 純ココアパウダー ・・・・・ 20g
・ ブラックココアパウダー ・・・・・ 20g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 小さじ1
・ 水 ・・・・・ 200ml

 クランベリーはキルシュ酒に一晩以上、漬けておく。

・ ドライクランベリー ・・・・・ 50g
・ キルシュ酒 ( ドーバー キルシュワッサー ) ・・・・ 大さじ1

・ チョコチップ ・・・・・ 50g



ショコラ カンヌベルジュ

ホームベーカリーで生地を捏ねますが、発酵に入ったら すぐにパンケースから
生地を取り出し、作業台の上で生地を広げ、チョコチップとクランベリーを散らし
パン生地に混ぜ込みます。 
パン生地を丸め直し、パンケースに戻し、一次発酵させます。
この作業をできるだけ、5~10分以内に行い、最低でも30分以上は
発酵させます。

 キルシュ酒に漬けておいたクランベリーは使用前にキッチンペーパーなどで
水気を除いておく。




ショコラ カンヌベルジュ

二次発酵後、ガス抜き、丸め直し、ベンチタイム10分。



ショコラ カンヌベルジュ

粉をふったコルプ型に生地のとじ目を上にして入れ、キャンパス地+ぬれ布巾を
かけ、40℃で25~30分くらい、二次発酵させます。



ショコラ カンヌベルジュ

二次発酵後の状態です。
型の7~8分目くらいまで上がったら、オーブンの予熱を入れ、クープを入れます。
オーブンの予熱を入れている間にも発酵が進み、写真より もうひとまわり
大きくなります。



ショコラ カンヌベルジュ

クッキングシートを敷いた天板に移し、クープを入れ、オーブンに入れる直前に
霧吹きで霧を吹きかけ、210℃で20分くらい焼成します。



ショコラ カンヌベルジュ

焼き立てです。
コルプ型にふった強力粉がたっぷりついたままなので、焼き色がわかりにくいですが
210℃で20分以上焼けば、OKです。



ショコラ カンヌベルジュで使用したアイテムです






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOMIZ cuoca (富澤商店 クオカ) ドライクランベリー/100g
価格:297円(税込、送料別) (2018/5/20時点)










[BREAD]スイートブレッド  | Comments(-) | Trackbacks(-)

薩摩芋グラッセのゴマパン


blog_20180116_008.jpg


blog_20180116_009.jpg

黒ゴマを混ぜこんだソフトフランス生地に、薩摩芋のグラッセをたっぷり包み
香ばしく焼き上げました。
パン生地の外側はパリッと香ばしいですが、内側はふんわり食感
黒ゴマの香ばしい香りと薩摩芋の優しい甘みがベストマッチなパンです。
薩摩芋が美味しい時期に ぜひ作って味わっていただきたいです



材料 ( 6個分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 200g
・ 砂糖 ・・・・・ 10g
・ 塩 ・・・・・ 3g
・ 無塩バター ・・・・・ 10g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ1
・ 黒ゴマ ・・・・・ 30g
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 小さじ1
・ 水 ・・・・・ 140ml


薩摩芋のグラッセ

・ さつまいも ( 生 ) ・・・・・ 250g前後 ( 皮つきの状態で )
・ 砂糖 ・・・・・ 40g
・ 水 ・・・・・ 大さじ3
・ 無塩バター  ・・・・・ 30g


作り方

 薩摩芋のグラッセを先に作り、冷ましておく。

1. さつまいもは皮付きのままキレイに洗い、皮ごとさいの目に切って、たっぷりの
  水に しばらくさらしておく。

2. 水気を切った さつまいもを鍋に入れ、ひたひたの水を加え中火にかける。
  沸騰後、3~5分加熱してザルにあげる。
  加熱時間は さつまいもの大きさにより違います。 少し固めにゆでてください。

3. 鍋に砂糖と水を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたところに ゆでたさつまいもを
  加え、からめるように鍋をゆすりながら加熱する。
  水分がなくなったら、火を止め、バターを加え予熱で溶かしながら全体にからめ、
  おおまかに 7等分 ( 6個分 + 飾り用 ) にしておく。


blog_20180116_001.jpg



4. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を捏ねる。
  黒ゴマは最初から混ぜ込まずに、手動投入機能ボタン、「あり♪」を選択し、
  ブザーが鳴ったら投入してください。
  
  生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して 6分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。

blog_20180116_002.jpg



5. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地のとじ目を上にして、生地の中央をやや厚めにしながら円形に広げる。 
  生地の中央に薩摩芋のグラッセをのせて包み、とじめをしっかりつまんで閉じる。

blog_20180116_003.jpg




6. 生地のとじ目を下にして オーブンの天板に並べ、上から ふんわりとラップをかけ、
  その上に かたくしぼったぬれ布巾をかぶせ、オーブンで二次発酵させる。
  ( 40℃で35分~ )

blog_20180116_004.jpg




7. 二次発酵後、生地の中央にハサミで十字の切込みを入れる。

blog_20180116_006.jpg



8. 190℃で予熱しておいたオーブンで 15分焼成する。

blog_20180116_005.jpg



9. 粗熱がとれたら、あらかじめ取り分けておいた飾り用の薩摩芋のグラッセを
  焼きあがったパンのトップに飾る。

blog_20180116_007.jpg



[BREAD]スイートブレッド  | Comments(-) | Trackbacks(-)

シュトーレン


ドレスナー シュトーレン


ドレスナー シュトーレン

Frohe Weihnachten Merry Christmas  
数日前にも シュトーレンを焼きましたが、今日もシュトーレンの話題です。
このシュトーレンは 正統派
シュトーレンの形は キリストのゆりかごや寝床の形という説やキリストをくるんだ
毛布(おくるみ)の形という説がありますが、日本では お店で売ってるものや書籍で
紹介されているシュトーレンの形って、ほぼほぼ同じですよね。

こちらのシュトーレンはプレゼント用に試作したものです。
全く同じものを作り、実家の母へプレゼントしました

リッチ生地に ドライストロベリー、ドライマンゴー、ラム酒漬けレーズン、アーモンド
スライスを混ぜ込み、マジパンを巻き込み焼き上げた後、バターをぬり、さらに粉糖を
たっぷりまぶしました。



クリスマスツリー

クリスマスツリー

今年も残りわずか、いつも このブログに訪問してくださっている方々、
みなさまとは直接、お会いすることも お話しする機会もありませんが
どうもありがとうございました
みなさまにとって 温かく、楽しく幸せなクリスマスでありますように ・・・


[BREAD]スイートブレッド  | Comments(-) | Trackbacks(-)