LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ [BREAD]テーブルパン 
CATEGORY ≫ [BREAD]テーブルパン 
       次ページ ≫

ブール フロマージュ


ブール フロマージュ

ソフトフランス生地に カマンベールチーズとモッツァレラチーズをたっぷり包み
さらに ピザ用チーズをトッピングして香ばしく焼き上げました。
カマンベールチーズとモッツァレラチーズはQ・B・Bのベビーチーズシリーズを
使用したので、手に入りやすく、切り分けるのも簡単です
フランスパン生地にチーズがたっぷり入っているパンは、ベーカリーでも大人気。
おうちでも簡単に作れるので、我が家では頻繁に作ります。



ブール フロマージュ

中の様子はこんな感じ
ふんわりソフトフランス生地の中から、トロトロのチーズが溶けだしてきます。
トロトロチーズには秘密があります。
焼成前に十字に切込みを入れて、ピザ用チーズをトッピングするのですが
その際、切込みの隙間から、マヨネーズを少しパン生地の中にしぼり出し、
その上から、ピザ用チーズをトッピングします。
焼成中にマヨネーズと3種類のチーズが混ざり合い、トロトロになるのです。
街のベーカリーのちょっとした裏技です


材料 ( 6個分 )

・ リスドォル ( フランスパン専用粉 ) ・・・・・ 200g
・ 砂糖 ・・・・・ 9g
・ 塩 ・・・・・ 3g
・ 無塩バター ・・・・・ 10g
・ 牛乳 ・・・・・ 130ml
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 小さじ1


フィリング

・ カマンベールチーズ ( Q・B・Bのベビーチーズシリーズ ) ・・・・・ 60g
・ モッツァレラチーズ ( Q・B・Bのベビーチーズシリーズ ) ・・・・・ 60g


焼成用

・ マヨネーズ ・・・・・ 適量
・ ピザ用チーズ ・・・・・ 適量


作り方

1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地を作っている間に、カマンベールチーズとモッツァレラチーズを
  それぞれ適当な大きさに切り分け、6等分にしておく。


3. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して 6分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。


4. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地のとじ目を上にして、生地の中央をやや厚めにしながら円形に広げる。 
  生地の中央にチーズをのせて包み、とじめをしっかりつまんで閉じる。


5. 生地のとじ目を下にして オーブンの天板に並べ、上から ふんわりとラップをかけ、
  その上に かたくしぼったぬれ布巾をかぶせ、オーブンで二次発酵させる。
  ( 40℃で35分~ )


6. 二次発酵後、生地全体に軽く、霧をふりかけ、生地の中央にハサミで
  十字の切込みを入れる。

ブール フロマージュ


ブール フロマージュ



7. 十字の切込みにマヨネーズを少量、しぼり入れ、その上にピザ用チーズを
  トッピングする。

ブール フロマージュ

ブール フロマージュ


8. 210℃で予熱しておいたオーブンで 12分焼成する。
  焼き立ては 中のチーズがかなり高温になりますので、火傷に注意してください。

ブール フロマージュ



今回のレシピで使用した粉です




[BREAD]テーブルパン  | Comments(-) | Trackbacks(-)

セーグル ・ オ ・ マロン


セーグル ・ オ ・ マロン

ライ麦粉とフランス粉のブレンド生地に、ローストしたクルミとマロングラッセを
た~っぷり贅沢に巻き込み、セーグル ・ オ ・ マロンを焼きました。
マロングラッセは高価なので、マロングラッセブロークンを使用しましたが
ライ麦の風味より、マロンの風味が独り勝ちのリッチなパンになりました
ライ麦パンは どっしり重い食感のイメージですが、フランス粉を多めに配合し
さらにバターも多く入れたので食感が軽くなり食べやすくなりました。
香ばしくローストしたクルミの食感もいい感じ



マロングラッセ  ブロークン

マロングラッセブロークンです
そのまま食べると めちゃくちゃ甘ったるいけれど、パン生地や焼菓子に
混ぜ込むと ちょうど良い感じ。
ブロークンとはいえ、結構、大きな塊の栗がたくさん入ってました。
今回は、全量の 130グラム使用しました。



配合メモ

フランス粉 ( リスドォル ) 170g 、ライ麦粉 50g、イースト 4g、蜂蜜 15g、砂糖 5g、
塩 4g、無塩バター 20g、水 140ml、クルミ 30g、マロングラッセブロークン 130g



セーグル ・ オ ・ マロン

ホームベーカリーでこねた生地です。
クルミはローストしてから、ホームベーカリーの混ぜ込み機能でパン生地に
混ぜ込みました。 2分割し、ベンチタイム 10分。



セーグル ・ オ ・ マロン

マロングラッセブロークンは 柔らかいので、成形時に生地に巻き込みます。



セーグル ・ オ ・ マロン

バゲットのような感じで棒状に成形します。
オーブンの発酵機能を使い、40℃ 30~35分位、二次発酵。



セーグル ・ オ ・ マロン

二次発酵後、茶こしを通して、パン生地にライ麦粉をふりかけ、葉脈状に
クープを入れる。 この後、霧吹きで霧を吹き、焼成。



セーグル ・ オ ・ マロン

210℃で予熱したオーブンで 18分焼成。
こんがり香ばしく焼き上がりました。
マロングラッセの甘い香りが漂います



[BREAD]テーブルパン  | Comments(-) | Trackbacks(-)

Lait Pain ( レ ・ パン )


Lait Pain 

最近、甘いパンばかり焼いていたので、リーンなパンが食べたくなり
乳製品たっぷりの生地のパン、Lait Pain ( レ ・ パン ) を焼きました。
ちなみに 「 Lait 」 は牛乳という意味です。
仕込み水が牛乳とコンデスミルクなので、焼き色もよくつき、香ばしく焼けます。 
ほんのり甘い、優しい味のリーンなパンです。



Lait Pain 

棒状に巻いた生地を発酵させた後、縦長に5本のクープを入れました。
焼きあがったパンを見て、娘が何かの動物か虫に見えると笑ってました。
見えなくもないけど



Lait Pain 

二次発酵後、クープを入れるのですが直線は苦手
できることなら、ものさしをあてて クープを入れたい。



Lait Pain 

片方は ふんわり巻き、もう一方は きつめに巻きました。
巻き方加減で けっこう違いが出てきます。
試作する際、こんな感じで色々と実験してます。



Lait Pain 

きつめに巻いた方は棒状に、ゆるく巻いた方はラグビーボール型に。
私は ゆるめに巻いたラグビーボール型の方が好きです。
今回は試作なのでレシピは掲載しませんが、納得いく味になったら 
いつか ご紹介したいと思います


[BREAD]テーブルパン  | Comments(-) | Trackbacks(-)