10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

オートミール レーズンブレッド

2018.11.18 (Sun)

オートミール レーズンブレッド


オートミール レーズンブレッド

オートミール入りのパン生地にラム酒で漬けこんだレーズンをたっぷり混ぜ込んだ
オートミール レーズンブレッドを焼きました
オートミールの香ばしさとラムレーズンの芳醇な香りがたまりません。
オートミール入りの生地は ふんわり、しっとり食感です。
生食でいただくのがおすすめです
ラム酒で漬けこんだレーズンは潰れやすいので、ひと手間かかりますが
レーズンをパン生地に混ぜ込む作業は機械ではなく、手で行ってください。



材料 ( 食パン型 1斤分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 230g
・ オートミール ・・・・・ 50g
・ 砂糖 ・・・・・ 25g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ 無塩バター ・・・・・ 20g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ2
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g
・ 水 ・・・・・ 200ml


混ぜ込み用 

・ レーズン ・・・・・ 100g
・ ラム酒 ( 漬けこみ用 ) ・・・・・ 大さじ2



下準備 

レーズンは戻さずそのまま使用すると、パン生地の水分を吸い取ってしまい
パン生地がパサパサになるので、必ず、下準備をしましょう。

レーズンは ぬるま湯で丁寧に洗い、レーズンのコーティングオイルやゴミを
落とす。 ノンオイル、オイルがコーティングされていないレーズンの場合でも
同じく処理してください。 ぬるま湯で洗うことで、レーズンがふっくらと戻ります。
水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、ラム酒に漬ける。
できれば、一晩以上、2~3日漬けこむと風味が増して美味しい。
使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり
取り除いておく。 



作り方


1. ホームベーカリーにラム酒漬けレーズン以外を入れ、生地作りコースでパン生地を
  捏ねる。 生地の捏ね上り直後にパンケースから生地を作業台に取り出し、生地を
  広げ、ラム酒漬けレーズンを混ぜ込み、丸くまとめて、ボウルに入れ、ラップをかけ、
  オーブンの発酵機能で 一次発酵させる。 40℃で35~40分くらい。
  ホームベーカリーの混ぜ込み機能を使うとラム酒に漬けたレーズンが潰れて水分が
  出て、生地がベタつき、発酵が鈍くなります。
  手間はかかりますが、ドライフルーツは手で混ぜ込んだ方がキレイに仕上がります。



2. 生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して 3分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、15分間、ベンチタイムをとる。

オートミール レーズンブレッド



3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸め直す。
  なるべく、レーズンが外に出ないように気を付ける。
  外側にレーズンが出てしまうと、焼成中に焦げます。
  食パン型に 先に丸めた生地から順番に並べる。
  生地を上から手のひらで軽く押さえる。
  生地に適度な刺激を与えることで、二次発酵の際、よく膨らむ。 
  型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い
  40℃で 50~60分、二次発酵させる。

オートミール レーズンブレッド



4. 二次発酵完了の目安は、山のてっぺんが型の高さに達していればOK 

オートミール レーズンブレッド



5. 天板を入れたまま、オーブンを190℃で予熱しておき、発酵終了後、
  190℃で25分、焼成する。
  途中、焦げそうになったら アルミホイルをかぶせてください。
  焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから
  型ごとストンと落とし、ショックを与える。
  すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。
  焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の
  腰折れを防ぐためです。

オートミール レーズンブレッド

オートミール レーズンブレッドは、焼成後、一晩寝かせてからスライスして食べるのが
おすすめです。 なので、夜に作り、朝に食べるのが一番、美味しいです。
一晩寝かせることで、ラムレーズンとパン生地が馴染み、熟成され、しっとりと
ふわふわのパン生地になります



このレシピで使用したアイテム

日食プレミアム ピュア オートミール 300g

日食プレミアム ピュア オートミール 300g入り

日本人にあわせて加工された、えん麦(オーツ麦)100%のオートミール。
保存料、着色料は一切使用していません。
毎日、手軽に使える便利なチャック付きです。
オーツ麦は良質な自然の蛋白質を含み、ビタミンB1や鉄分が多く、
他に2種類の食物繊維(水溶性及び不溶性)が含まれています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日食 プレミアムピュア オートミール(300g)
価格:353円(税込、送料別) (2018/11/18時点)



テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

20:45  |  [BREAD]食パン 1斤型 

全粒粉の食パン

2018.03.08 (Thu)


全粒粉の食パン

最近、ずっと ひどい頭痛と眩暈が続いていたので 主治医に相談したら
血圧を測ってくれました。 以前から、140前後あったのですが、今回は
190を上回ってました。 
去年から、重度の貧血と子宮内膜症と鬱病の治療を続けていたのですが
さらに高血圧も加わり、さすがに命の危険を感じました。
高血圧の治療のために投薬、食事療法と毎日の血圧測定が加わりました。
まぁ、ストレスのキャパ超えが一番の原因だと思いますが、とりあえず、愛娘が
成人式を迎えるまでは 生きなくてはいけないので、食事療法もがんばります。

まず、毎朝 食べる食パンを全粒粉ブレンドのハードトーストにしました。
白い粉で作る、ふわふわもちもち食パンは 当分の間はお預けです。

リスドォル 200gに全粒粉を100g、ブレンドしたハードトーストを焼きました。
全粒粉は北海道産のキタノカオリ ( 石臼挽き ) を使用しました。
リスドォルの軽い食感にキタノカオリのもちもち感が加わり、いい感じ。
たとえ、食事療法でもマズイものは食べたくない。
おいしくて、体に良いものをモットーに今後のパン作りを考えていこうと思います。



全粒粉の食パン

全量300gの粉で作ったので、1斤サイズの型で焼くと窯伸びもよく 
ボリュームもでました。
クラストはパリパリだけれど、クラムは軽い食感です。
リスドォルの香ばしい香りが最高。



全粒粉の食パン

二次発酵後の様子。 40℃で約60分+予熱時間。
冬場は発酵に時間がかかります。
試作で作った時、二次発酵を少な目にしたら、窯伸びが悪く、ボリュームが
出なかったので、今回は ゆっくり時間をかけて発酵させました。



全粒粉の食パン

190℃に予熱しておいたオーブンで 30分焼成しました。
香ばしい香りが漂います。


 材料 ( 食パン 1斤型 )

・ リスドォル ( フランスパン専用粉 ) ・・・・・ 200g
・ 全粒粉 ( キタノカオリ 石臼挽き )  ・・・・・ 100g
・ 無塩バター  ・・・・・ 5g
・ 砂糖  ・・・・・ 5g
・ 塩  ・・・・・ 5g
・ スキムミルク  ・・・・・ 大さじ1
・ インスタントドライイースト  ・・・・・ 小さじ1
・ 水  ・・・・・ 200ml



このパンは下記の材料で作りました






テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

22:56  |  [BREAD]食パン 1斤型 

スイートチョコ ブレッド

2018.03.06 (Tue)


スイートチョコ ブレッド


スイートチョコ ブレッド

ナチュリアーナNEO スイートチョコレートシートをリッチな食パン生地に折り込んで
スイートチョコ ブレッドを焼きました。
チョコシートの味に負けない、ブリオッシュ生地で作るのがおすすめ。
ブリ生地はバターも卵も多めに配合されてるので、成形時に伸びがよく、成形しやすい。
食感も軽く、ふわふわに焼き上がります。



スイートチョコ ブレッド

パン生地の粉量は250gで、チョコシートは 1/4枚分を使用しました。
折込シートの食パンはクロワッサンみたく、恐ろしくめんどくさいパンなので
めっちゃヒマな時、さらにパンを作りたいと強く思う日にしか作らないです。
なので、買ってきたシートは 1/4枚ずつカットして冷凍保存しておきます。
冷蔵保存したら早く使いきらないといけないので、わざわざ自分を追い込むような
ことは避けます。 パンなんて作りたいと思うときに ふらっと作ればよいのです。



スイートチョコ ブレッド

折込シートをパン生地に折りこむ時は、木製のめん棒がおすすめ。
生地の破れを防ぎます。
私が使用しているのは、セリアかダイソーだったか忘れたけど、
100均で購入したもの。 製菓コーナーに長いめん棒が置いてあるので
探してみて。 けっこう、重宝します。



スイートチョコ ブレッド

100均のめん棒でも生地が破れることなく、薄くキレイに伸ばせました。
途中、何度か生地を休ませながら、生地に負担をかけず、丁寧に
伸ばすのがコツです。 途中、空気が入って 膨らんだら、つまようじを
さして、空気を抜きましょう。 つまようじをさした部分は強力粉で穴埋めして。



スイートチョコ ブレッド

こちらは発酵前の状態。 キレイな層になりました。



スイートチョコ ブレッド

こちらが 二次発酵後の状態。 型の 8分目まで上がったら OKです。



スイートチョコ ブレッド

焼成前に トップにぬり卵をして、焼き上げました。
照りが出て いい感じ。
ナチュリアーナNEO スイートチョコレートシートはチョコの香りが強いので
焼成中は まるでチョコレートケーキを焼いているかのような香りが漂いました。
チョコ好きさんには おすすめのチョコシートです。


ちなみに このレシピを書くために加工した写真は全部で 18枚。
あまりにも めんどくさいのと、このレシピを活用する人がいるのかどうかも
わからないので、省きました。
いつか気が向いたら、時間をかけて書こうと思います。


 このレシピで使用したアイテムです




テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

08:31  |  [BREAD]食パン 1斤型 
 | HOME |  NEXT