LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ [BLOG]映画
CATEGORY ≫ [BLOG]映画
       次ページ ≫

美女と野獣 ~ Beauty and the Beast ~ 


blog_20170515_0020000.jpg

先週、OSシネマズミント神戸で「美女と野獣」を観ました。
映画館のロビーに 映画に登場するガラスドームに入った一輪の赤いバラが
飾られていました

映画の中で 魔女は王子を醜い野獣に変えた後、去り際に 「バラの花びらが
全て散るまでに、誰かを愛し、そして誰かに愛されるという ”真実の愛”を
見つけなければ、魔法は一生解けることはない」と告げます。


運命と愛の狭間で葛藤する魂の哀哭、怒り、そして深い愛 ・・・
人生の荒波にもまれ、年齢を重ねてきて、今やっと私にも理解できたと思います。
子供の頃に読んだ、絵本の中の「美女と野獣」の中では くみ取れなかった
”真実の愛”を。
この映画は 私にとって究極のラブストーリーでした。



「Evermore」 ( ひそかな夢 )




この曲は、ベルと野獣の二人きりの舞踏会の後、父を救うため城を離れるベルを
見守る野獣が歌います。 ベルへの自らの気持ちと呪いの運命を知りながらベルを
解放した野獣。 再び彼女が戻ってくるか、わからない中、心に抱き続ける犠牲的な深い愛。
映画のラストにはベルが戻ってくるって知っているけど、このシーンに胸が張り裂ける
思いで、涙があふれました。



blog_20170515_003.jpg

映画館の近くにある花壇に咲いていたバラ。
ベルが舞踏会で着ていたイエローの素敵なドレスを思い出します。




blog_20170515_002.jpg

ピンクの可愛いバラも咲いていました。




blog_20170515_004.jpg

このバラたちが咲いていた花壇は、この風景が見える場所
神戸、三宮へお越しの際は この場所を探してみてください。
一年中、きれいな花が色とりどりに咲いています



君の名は。

blog_20160831_001.jpg
blog_20160831_002.jpg

夏休み、最後の日、中学1年生の娘ちゃんと、映画 「 君の名は。 」 を観てきました。
TVのCM通り、私もしっかり泣いてしまいました。 もちろん、感動の涙

「 君の名は。 」 公式サイト
http://www.kiminona.com/index.html

この映画を観る前までは 男女が入れ替わるラブコメだと思ってましたが、
ところがどっこい、そんな単純なストーリーではなく、隕石衝突など、実際に
現実世界でも起こりうる人類の危機が描かれていた。
主人公の男女がタイム・リープ(時間跳躍)で その危機を救い、最終的には
ステキなラブストーリーで終わるという感じ。

隕石衝突、タイム・リープ、赤い糸の伝説・・・ どれもこれも興味あることなので
思わず見入ってしまいました。

もし、過去か未来から 誰かが自分を助けに来てくれたら、何も知らない自分は
素直に受け入れられるのだろうか。

タイム・リープ(時間跳躍)を繰り返す二人。
お互いの名前を忘れないように、最後の最後、お互いの手のひらに自分たちの
名前を書くことに。
主人公の女の子の手のひらには 男の子の名前ではなく、「君が好きだ」と・・・
そのシーン、めっちゃ泣けました。
娘ちゃんも同じシーンが一番、感動したらしいです。

ネタバレ、最後は主人公が住んでいる街に隕石は落下しますが、二人のおかげで
住人達は避難することができ、女の子も助かります。
数年後、大人になった二人は再会を果すことができ、話は終わります。

この映画、絵も音楽もストーリーもすべて素晴らしかった。
今年、けっこうな数の映画を娘ちゃんと一緒に見に行きましたが
「君の名は。」は 今年一番良かった映画。
もう一回、観に行こうかな

[BLOG]映画 | Comments(-) | Trackbacks(-)

思い出のマーニー

140721_1807~01

140722_2140~01

先日、夏休み中の娘と 久々に映画を観てきました。
娘が観たがっていた、「思い出のマーニー」です。
公開日から まだ日は浅いですが、最終の上演時間だったので観客数は少なく
ゆったりと静かに鑑賞できました。

ジブリ作品だけあって、景色とか建物とか家の中のインテリアや雑貨などの絵が
とても素晴らしかった。
お話も最後に ちょこっとうるうるしちゃいましたが、私、個人の感想としては
ジブリ作品にしては いたって普通。
他のジブリ作品に比べると、何か物足りない感じかな。
小学5年生の娘は そこそこ感動して 観終わったあと、泣いてました。

マーニーと主人公の杏奈との不思議な関係が 映画の最後にわかります。
一見、まったく縁もつながりもないような二人ですが、運命のいたずらというか
偶然の出会いとは言えない、必然の出会いが人の縁の奥深さ、不思議を
感じます。
また 思春期の娘さんをもつ、お母さんたちにも見ていただきたい作品です。
昔、自分が中高生のころ 母に反抗して 何でも素直に受け止められなかった頃の
記憶も蘇りました。

映画の後、娘に 杏奈のスケッチブックとマーニーのストラップを買ってあげました。
帰宅後、さっそく スケッチブックにペットの金魚の絵をかいていました。
杏奈みたいに 絵が上手になれることを願います・・・





[BLOG]映画 | Comments(-) | Trackbacks(-)