12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

おからライ麦食パン

2018.12.11 (Tue)

おからライ麦食パン

おからとライ麦で食パンを焼きました
細挽きのライ麦を使用しているので、食感は軽く、ふんわりしています。
ダイエット用に作っているのですが、味も普通のパンと変わらないので
毎朝、飽きずにチーズトーストにして食べています。
ライ麦とチーズの組み合わせは最高です



おからライ麦食パン

おからダイエットを始めてから約3ヶ月、毎朝、おから入りのパンを食べています  
今まで、全粒粉、小麦胚芽、オートミールなど、いろんな粉をブレンドして、一番効果が
出る粉の配合を模索してきた中で今のところ、私はライ麦が一番効果がありました。
私にはライ麦+おからが効果ありでしたが、人それぞれなのでみなさんもいろんな
配合を試してみてくださいね
おからのおかげで たった3ヶ月でダイエット本が書けそうなくらい大幅減量に成功
おからパンは粉の配合でアレンジし放題なので飽きずに続けられるし美味しいし、
腹持ちが良いので、おからダイエットが長続きする秘訣だったのかも。



材料 ( 食パン型 1斤分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 250g
・ ライ麦全粒粉 細挽 (ヴァンガーラント) ・・・・・ 50g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ バター ・・・・・ 20g
・ おから ・・・・・ 50g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ2
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g ( 小さじ1強 )
・ 水 ・・・・・ 210ml


作り方

・ 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずに
  レンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。

おから


1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して3分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。


3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。

おからライ麦食パン



4. 食パン型に 先に丸めた生地から順番に並べる。
  生地を上から手のひらで軽く押さえる。
  生地に適度な刺激を与えることで、二次発酵の際、よく膨らむ。 
  型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い
  40℃で45~50分、二次発酵させる。
  冬場、室温が低いときは発酵が鈍くなるので様子を見ながら発酵時間を
  調整してください。

おからライ麦食パン



5. 二次発酵完了の目安は、山のてっぺんが型の高さ 1cm位上まで
  上がっていたらOK

おからライ麦食パン



6. オーブンを190℃で予熱しておき、発酵終了後、190℃で30分焼成する。
  焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから
  型ごとストンと落とし、ショックを与える。
  すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。
  焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の
  腰折れを防ぐためです。

おからライ麦食パン



このレシピで使用したアイテムです




おから

( 株 ) 小菱屋 「国産大豆のおから」 300g入り
国産大豆を絞ってできた「国産大豆100%」のおからです。
真空パックで日持ちが良く、加熱処理済みなので すぐに使用できて便利
パン、焼き菓子作りに使用してもパサつかず、しっとり仕上がります。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

21:02  |  [BREAD]おからパン

おからセサミブレッド

2018.11.21 (Wed)

セサミおからブレッド


セサミおからブレッド

おから食パンのベースの配合を少し改良して、食感を軽く、カマ伸びも良くしました。
ふんわりしつつも、もっちり感もあるので、生食でもOKです
私は こんがりトーストして、カリッサクサク食感とふんわりモッチリ食感の両方を
楽しみたいです トーストしたら、ゴマの香りが引き立ち、さらに美味しくなります。
今回、300グラムの粉量に対して、生おからが50グラム、黒ゴマが45グラムです。
今後も、おからパンがさらにおいしくなるように改良を重ねていきたいです。



材料 ( 食パン型 1斤 )

・ 強力粉 ・・・・・ 300g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ バター ・・・・・ 20g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ2
・ おから ・・・・・ 50g
・ 黒ゴマ ・・・・・ 45g
・ 水 ・・・・・ 210ml
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g ( 小さじ1強 )



作り方

・ 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずに
  レンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。

おから



1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  正確に計量して3分割する。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。


3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。

セサミおからブレッド



4. 食パン型に 先に丸めた生地から順番に並べる。
  生地を上から手のひらで軽く押さえる。
  生地に適度な刺激を与えることで、二次発酵の際、よく膨らむ。 
  型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い
  40℃で45~50分、二次発酵させる。

セサミおからブレッド



5. 二次発酵完了の目安は、山のてっぺんが型の高さ 1cm位上まで
  上がっていたらOK

セサミおからブレッド



6. オーブンを190℃で予熱しておき、発酵終了後、190℃で30分焼成する。
  焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから
  型ごとストンと落とし、ショックを与える。
  すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。
  焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の
  腰折れを防ぐためです。

セサミおからブレッド



このレシピで使用したアイテムです

おから

( 株 ) 小菱屋 「国産大豆のおから」 300g入り
国産大豆を絞ってできた「国産大豆100%」のおからです。
真空パックで日持ちが良く、加熱処理済みなので すぐに使用できて便利
パン、焼き菓子作りに使用してもパサつかず、しっとり仕上がります。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

09:24  |  [BREAD]おからパン

オートミールおから食パン

2018.10.28 (Sun)

オートミールおから食パン


オートミール

おから入りのパン生地にスーパーフードのオートミールを配合しました
ずっしり、もちもち食感の腹持ち抜群のダイエットブレッドです

オートミールの植物性たんぱく質は精米の約2倍で、日本人に不足しがちな
カルシウムや鉄分といったミネラルも多く含まれています。
また、ビタミンB1や、抗酸化作用のあるビタミンEなどのビタミンも豊富です。
なかでも注目したいのが、食物繊維量の多さ。精白米の約20倍、玄米の
約3.5倍もの量なのです。
オートミールの食物繊維の特徴は、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含み、
より効果的に体に作用することです。水溶性食物繊維は血液中のコレステロールを
排出させる働きなどがあり、不溶性食物繊維は整腸作用にすぐれています。

オートミールとおからの相乗効果で栄養満点、腹持ち抜群のダイエットブレッドを
ぜひ、お試しください



材料 ( 食パン型 1斤分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 230g
・ オートミール ・・・・・ 50g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 5g
・ バター ・・・・・ 20g
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g ( 小さじ1強 )
・ 水 ・・・・・ 210ml
・ おから ・・・・・ 60g

* オートミール ( トッピング用 ) ・・・・・ 大さじ1


作り方 

・ 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずに
  レンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。

おから


1. ホームベーカリーの生地作りコースでパン生地を作る。


2. パン生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、
  生地を張らせながら丸める。
  かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。

オートミールおから食パン



3. ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きする。
  めん棒で 25 X 16cmの角位の縦長の長方形に伸ばす。

オートミールおから食パン 成形



4. 生地の手前から少しずつ巻いて合わせ目をつまみ、食パン型の片側に入れる。
  生地を上から手のひらで軽く押さえる。
  生地に適度な刺激を与えることで、二次発酵の際、よく膨らむ。 
  型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い
  40℃で45~50分、二次発酵させる。

オートミールおから食パン 発酵前



5. 二次発酵完了の目安は、山のてっぺんが型の高さ 1cm位上まで
  上がっていたらOK。
  生地の表面に霧をふりかけ、オートミールをふりかける。

オートミールおから食パン 発酵後



6. オーブンを190℃で予熱しておき、発酵終了後、190℃で30分焼成する。
  焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから
  型ごとストンと落とし、ショックを与える。
  すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。
  焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の
  腰折れを防ぐためです。

オートミールおから食パン



このレシピで使用したアイテム




おから

( 株 ) 小菱屋 「国産大豆のおから」 300g入り
国産大豆を絞ってできた「国産大豆100%」のおからです。
真空パックで日持ちが良く、加熱処理済みなので すぐに使用できて便利
パン、焼き菓子作りに使用してもパサつかず、しっとり仕上がります。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

20:52  |  [BREAD]おからパン
 | HOME |  NEXT