LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

キャラメルマドレーヌ

キャラメルマドレーヌ

キャラメルマドレーヌ

キャラメルマドレーヌ

小学生の娘の夏休みの宿題、絵日記のネタ作りにマドレーヌを焼きました。
お菓子作りが大好きな娘は材料を準備してるときから すでに笑顔。
上白糖を使う理由や、粉をふるう回数や混ぜ方など、娘にわかりやすく
教えながら 娘と一緒に作りました。
娘が もう少し小さかったときは 一緒に作ってても 粉を飛び散らかしたり
材料を混ぜてるときも 力まかせに混ぜすぎたりと どたばたあたふたと
大騒ぎしながら大変だったけど、小学生になって 少しお姉ちゃんになったのか
私に負けず劣らず、真剣なまなざしで 落ち着いて作業がはかどりました。
ちっちゃいながらも 立派なアシスタントさん。
私も一人で作るときよりも 彼女と一緒の方が作業がはかどるし、ていねいに
作れるので嬉しい。

型に生地を流し込んでオーブンに入れる時、彼女がちょこっと魔法をかけてました。
おかげで、焼成中に生地がカップから流れ出すことなく、キレイに焼きあがりました。
私だけで作ると、半数以上がカップから生地が流れ出し、オーブンの天板の上は
えらいことになります。

娘が手伝ってくれて焼きあがったマドレーヌは しっとり、ふんわり とても美味しく
できました。彼女も私と同じく、自分が食べることより、自分でつくったものを
誰かに食べてもらうことが嬉しいみたい。

かつて、パン職人だった母からバトンリレーのように受け継いだDNAを 今度は私が
自分の娘にバトンを託すことができれば、どんなに幸せなことだろう。 
そのDNAは けっして楽な人生を歩ませてはくれないけれど、その代わり どんなに
心を豊かなものにしてくれるか、はかりしれない。
自分を信じて、夢をあきらめない・・・


材料メモ

・薄力粉
・アーモンドパウダー
・キャラメルパウダー
・ベーキングパウダー 
・上白糖
・全卵
・無塩バター
・牛乳

はるゆたかブレンドの山食

はるゆたかブレンドの山食

はるゆたかブレンドの山食

はるゆたかブレンドの山食

二次発酵後 @ はるゆたかブレンドの山食

最近、いつもいつも 飽きもせず、食パンばかり焼いてるので 記事に掲載する
写真も似たようなばかりの食パンで ごめんなさい。
でも、何度も何度も失敗というか、イメージ通りに焼きあがらなくて、悪戦苦闘の末、
やっと イメージ通りの作品ができた時って 嬉しくて、記録しておかなきゃと思う。
写真の山食は こないだ購入した はるゆたかブレンド 100%で作りました。
水分量がイマイチつかめなくて、何度も作り直しました。
水分量だけが問題ではなくて、粉自体が安定してないこともあるんだろうし、また
夏場の室温も高いし・・・ 失敗の原因は多々ありました。
でもまぁ、あきらめずにコツコツがんばれば、ちゃんとできるんだと久々にパン作りの
厳しさを思い知らされました。

私が常日頃 尊敬している山食作りの神様が パンを作る上で教えてくれた大切なことは

・五感を磨く
・理論を学ぶ
・向上心を持つ
・寝ても覚めてもパン


私が上記に付け加えるとしたら、あきらめないというか、最後は執念


レシピ ( 食パン 1斤型 )

・ はるゆたかブレンド ・・・・・ 250g
・ バターミルク ・・・・・ 12g
・ 上白糖 ・・・・・ 20g
・ 無塩バター ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 4g
・ 水 ・・・・・ 170ml前後
・ ドライイースト ・・・・・ 3g

HBで生地作り → 3分割 → ベンチ 10分 → 成形 → オーブンで二次発酵
   → 200℃で30分焼成



7/11 10時より特別価格で販売中っ!
[チャック袋]江別製粉 北海道産パン用小麦粉はるゆたかブ...



乳風味感が豊か![チャック袋]バターミルクパウダー 100g_

天然酵母パン @ ハウネベーヤー

天然酵母パン @ ハウネベーヤー

天然酵母パン @ ハウネベーヤー

神戸のさんちかにある、ハウネベーヤーで天然酵母の食パンを買いました。
ハウネベーヤーのパンは 石臼でゆっくりと挽いた粉を使用しているので 風味豊かで
栄養価も高く、とても美味しいです。 
天然酵母の食パンは ごくごくシンプルな材料で作られているにも関わらず、味わい深く
噛締めるたびに粉本来の甘みが口の中に広がります。
また、食感が極上です。 キメ細かく、ふ~んわり軽いのに しっとり感もあり
口どけもよいです。生食ももちろん美味しいのですが、こんがりトーストすれば
生食のふわしと食感に サクサク感も加わり これまた絶品なのです。
いろんなお店の食パンを食べ比べてきたけれど、お気に入りの食パンは ごくわずか。
その中でも ハウネベーヤーの食パンは天然酵母以外の食パンでさえ、みんな美味しくて
材料や製法に興味津々です。
世の中には 美味しい食パンが まだまだたくさんあるんだろうなぁ・・・
なかなか巡逢うことができないけれど、いつか これが一番っというような美味しい
食パンと出逢いたいな。 そう、運命までも変わってしまうような魔法がつまっている
極上の山食・・・