グリーンオリーブとチェリートマトの塩パン

2017.05.07 (Sun)

blog_20170423_008.jpg
ABCクッキングスタジオのブレッドコース基礎クラスの6 (H) オリーブソルト
アレンジでレシピ通りの配合にドライチェリートマトを加えました。
グリーンオリーブと岩塩のしょっぱさにドライチェリートマトの
甘さが加わり、甘いのか、しょっぱいのかどっちつかずな感じ
色合いに赤が加われば、キレイかな~と、いたって単純な考えのもと
決行されたアレンジ。
ドライチェリートマトより、普通のドライトマトならよかったと思う。
しょっぱさをウリにしてるパンなのに、甘みの強いドライチェリートマトを
加えたのはイマイチだったかも。
アレンジとは失敗を何度も繰りし、試行錯誤して より美味しいものになる。



blog_20170423_001.jpg

もともとの生地は とても成形しやすい配合だけれど、グリーンオリーブから
水分が出てきて混ぜ込み中に大変なことになる
きれいにまとめるコツは、混ぜ込む前の生地を大きめに広げ、グリーン
オリーブを生地全体に散らし、手前から棒状に巻き込んでいく。
棒状にした生地の向きをかえ、端から細かく巻き込む。
これで、生地全体にオリーブがいきわたります。
あとは、生地の表面にオリーブが出てこないように手早く丸める。



blog_20170423_004.jpg

ベンチタイム終了後、正方形に生地を伸ばし、スケッパーで4等分に
切り分けるだけの成形。 オリーブから出てくる水分を考えると
この生地を丸めたり、クッペ型にするのは難しいので、切り分けるだけの
成形は納得。
写真は二次発酵後のもの。 二次発酵後に、切込みを入れ、バターと
岩塩をトッピングして焼成します。



blog_20170423_005.jpg

レシピ通りの焼成温度で焼いたら、結構、焼き色は濃いめ。
うちの電気オーブンは火力が強いので、ABCのレシピよりマイナス10℃で
ちょうどよいくらい。 今回はマイナス10℃、忘れてた
でも、香ばしくて美味しかった

ちなみに、ベースのパン生地はバターも砂糖も少なめのリーン生地です。
薄力粉と強力粉のブレンド生地なのでフランスパンのように表面はカリッと
中は軽く仕上がります。


テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

10:13  |  [ABC Cooking Studio]アレンジ パン 
 | HOME |