LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

くーぷトースト


blog_20170510_00160.jpg

ぱん工房「くーぷ」の門間みかさんのレシピ本、「ほんのりしあわせ。おうちパン」に
掲載されている、「くーぷトースト」を焼きました。






blog_20170510_0012.jpg

みかさんのレシピ本では、ゴールデンヨットとリスドォルを各150gずつですが
私は1CWとリスドォルで作りました。
リスドォルの食感も味も大好き  クラストが香ばしく、おせんべいのような
味がします。  いつも常備している、お粉のひとつです。




blog_20170510_0011.jpg

生地は、300gの粉で作るので生地作りだけ、ホームベーカリーでこねました。
250gぐらいまでなら、手ごねでがんばれますが、300gにもなると、さすがに
腕が重くなる ・・・・・
砂糖もバターも最小限の配合ですが、最近、リーンな生地が気に入ってるので
みかさんの「くーぷトースト」の配合も お気に入りのひとつ
成形時もベタつかず、肌触りの良い生地です。




blog_20170510_009.jpg

二次発酵後の生地です。 この愛おしい瞬間が一番すき
つくづく、パンは生きものだなぁ~と思う瞬間でもあります。



blog_20170510_0013.jpg

焼きあがった瞬間
食パンが めいっぱい元気に のびのびと窯伸びできるように
約2年前、東芝のスチームオーブンレンジ 石窯ドーム ER-LD330に
買い替えました。 300gの粉で作った山食が めいっぱい窯伸びしても
まだ余裕の庫内。 トップも焦げません。




blog_20170510_0014.jpg

今日も元気に食パンが焼き上がりました
リーンな配合なので、焼き色は薄目だけれど、リスドォルのおかげで
とても香ばしい良い香り。
オーブンから取出すとき、パチパチと天使のささやきが聞こえました。
クラムはパリッと香ばしく、クラストは ふんわりもっちり食感。
レシピ本に書かれてる通り、トースト派さんにおすすめレシピです。
私もトーストして、とても おいしくいただきました





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。