08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

バタール

2017.05.09 (Tue)

blog_20170506_001.jpg


小ぶりなバタールを焼きました。
バタールはフランスパンの一種で、『中間の』という意味。
中身の柔らかい部分が多いのが特徴です。


私は ふわふわ食感の食パンや菓子パンが好きなので、その手のパンばかり
焼いてましたが、年齢を重ねるごとに あっさりしたパンが食べたくなってきて
バターや砂糖が少ないリーンなパンに やっと興味を持てるようになりました。
もうひとつ、クープ入れが苦手だったこともあり、フランスパン系は ほとんど
焼かなかったと思う。


でも、人間って不思議なことに 苦手なことを克服できると、苦手が好きになる。
克服といっても いっぱい練習したわけでもなく、苦手ということを意識せずに
無心で挑むと、すんなり克服できました。
きれいにクープが開いたバタールに思わず、うれしくなる。



blog_20170506_003.jpg


上の写真は 2次発酵前の生地。
言葉では伝えにくいけれど、成形時、空気を抜きながら たたみ折りし、
棒状に伸ばす。 イメージがわかない時は、オープンキッチンのパン屋さんで
パン職人がバゲットなどを作るのを見るのをおすすめします。
テンポよく、手の平の下の方をパン生地に押しつけて、ドッグ形に成形しています。
クルクルと巻いて棒状にするのではなく、折りたたむ感じかな。



blog_20170506_002.jpg


2次発酵後、クープを入れた状態です。
私の場合、1本目は生地の中央から縦方向に直線でクープを入れます。
2、3本目は、感覚で。 何も考えないことがポイントです。
昔はバランスとか長さとか色々、考えながらクープを入れてたから
迷いがクープに出ていました。
もちろん、そんな迷いのクープはキレイに開きません。



blog_20170506_005.jpg


東芝 スチームオーブンレンジ 石窯ドーム ( ER-LD 330 ) で、 210℃ 17分焼成。
けっこう、焼き色は濃い目。 粉をふりかけてなければ、もっと濃い焼き色になります。
ここまで焼くと、クラストがパリッと香ばしく、クラムはやわらかく焼き上がります。


テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

10:07  |  [BREAD]テーブルパン   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://homebakery.blog55.fc2.com/tb.php/1024-de943384

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |