LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP[BLOG]映画 ≫ 美女と野獣 ~ Beauty and the Beast ~ 

美女と野獣 ~ Beauty and the Beast ~ 


blog_20170515_0020000.jpg

先週、OSシネマズミント神戸で「美女と野獣」を観ました。
映画館のロビーに 映画に登場するガラスドームに入った一輪の赤いバラが
飾られていました

映画の中で 魔女は王子を醜い野獣に変えた後、去り際に 「バラの花びらが
全て散るまでに、誰かを愛し、そして誰かに愛されるという ”真実の愛”を
見つけなければ、魔法は一生解けることはない」と告げます。


運命と愛の狭間で葛藤する魂の哀哭、怒り、そして深い愛 ・・・
人生の荒波にもまれ、年齢を重ねてきて、今やっと私にも理解できたと思います。
子供の頃に読んだ、絵本の中の「美女と野獣」の中では くみ取れなかった
”真実の愛”を。
この映画は 私にとって究極のラブストーリーでした。



「Evermore」 ( ひそかな夢 )




この曲は、ベルと野獣の二人きりの舞踏会の後、父を救うため城を離れるベルを
見守る野獣が歌います。 ベルへの自らの気持ちと呪いの運命を知りながらベルを
解放した野獣。 再び彼女が戻ってくるか、わからない中、心に抱き続ける犠牲的な深い愛。
映画のラストにはベルが戻ってくるって知っているけど、このシーンに胸が張り裂ける
思いで、涙があふれました。



blog_20170515_003.jpg

映画館の近くにある花壇に咲いていたバラ。
ベルが舞踏会で着ていたイエローの素敵なドレスを思い出します。




blog_20170515_002.jpg

ピンクの可愛いバラも咲いていました。




blog_20170515_004.jpg

このバラたちが咲いていた花壇は、この風景が見える場所
神戸、三宮へお越しの際は この場所を探してみてください。
一年中、きれいな花が色とりどりに咲いています



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL