LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP[BREAD]スイートブレッド  ≫ リエージュワッフル ~ ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー プレミアムセット VWH-31-P

リエージュワッフル ~ ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー プレミアムセット VWH-31-P


blog_20170417_0017_200.jpg

ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー プレミアムセット VWH-31-Pで 
リエージュワッフルを焼きました  
同じ生地をふたつに分けて、ひとつはプレーン、残りはチョコチップを混ぜ込みました。
しっかりした食べごたえのあるもっちり生地とバターの風味がたのしめる、伝統的な
ベルギーワッフルです。 熱を加えても溶け残る粒状の砂糖「ワッフルシュガー」を生地に
混ぜ込んでいます。シャリシャリとしたワッフルシュガーの食感もたのしく、より本格的な
味わいになりました。





blog_20170416_007.jpg


ベースはリッチなパン生地なので、二次発酵後に焼きます。
生地にもバターをたくさん入れていますが、ワッフルプレートにもバターをぬって
焼くので、バターのよい香りが充満します。
目をとじれば、マネケンさんの店舗前に立っているような錯覚が・・・





blog_20170416_0011.jpg

4分半~5分ぐらい焼くと こんな感じに色よく美味しく焼き上がります
焼成前、生地にグラニュー糖をまぶしているので プレートに塗ったバターと
あわさって、表面がカリカリのキャラメル状になって、さらに美味しいです





blog_20170416_009.jpg

薄力粉と強力粉をブレンドした200gの粉量で、8個作りました。
チョコチップも美味しいけれど、ドライフルーツを入れてフォンダンをかけても
美味しそうだなぁ~とワッフルを焼きながら、次回のレシピが頭の中で浮かんで
ました。
そうそう、焼きあがったワッフルの粗熱がとれたら、アルミホイルに1個ずつ包んで
おくと、固くなりにくいです。




blog_20170416_100.jpg

パン生地で作るワッフルは薄力粉とベーキングパウダー ( ホットケーキミックス ) で
作るタイプより、生地が固いというかムギュっとしまった食感になるので、ただ今、
配合を色々と変えて試作中です。

ちなみに ABCクッキングスタジオのブレッド リッシュクラス ( ギフト G8 )の時は
薄力粉120g、強力粉80gでブレンドしましたが、 Vitantonio ビタントニオの
公式WEBサイトに掲載されている基本のリエージュワッフルのレシピでは
強力粉が100%です。 薄力粉を多くブレンドすると、食感は軽くなりますが
生地がゆるんで扱いにくいです。
今回は 薄力粉100g、強力粉100gで作りましたが、焼成後、時間がたつと
やはり固くなったので、次回は発酵温度を考えて、変更しようと思います。





 Many Thanks



生活雑貨30’S 私も使っています






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL