03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

Kouglof aux canneberges ~ クランベリーのクグロフ ~

2017.12.02 (Sat)


Kouglof aux canneberges


Kouglof aux canneberges


ちょこっと早いけれど、クリスマス気分で、クランベリーのクグロフを焼きました
イースト生地ではなく、ケーキの配合です。
さくらんぼのお酒キルシュワッサー で漬けこんだクランベリーと ほんのり甘酸っぱい
レモンピールをパウンドケーキ生地に混ぜ込んでいます。
また、ケーキ生地にもキルシュワッサーを配合し、焼きあがったケーキにもキルシュワッサーで
作ったシロップをたっぷり、まんべんなく刷毛でぬり、しみこましています。
最近、キルシュワッサー の香りにハマってます。

クグロフを飾っているのは、溶かしたホワイトチョコ、クランベリー、刻んだピスタチオ。
焼きっぱなしのクグロフは地味なので、クリスマスカラーで飾りました



材料 ( 約φ140 X H 80mm クグロフ型 )   

・ 薄力粉 ・・・・・ 100g
・ ベーキングパウダー ・・・・・ 小さじ1
・ 無塩バター ・・・・・ 100g
・ グラニュー糖 ・・・・・ 80g
・ キルシュワッサー ・・・・・ 小さじ1
・ 卵 ・・・・・ 104g ( Mサイズ 2コ分 )
・ レモンピール ・・・・・ 30g
・ ドライクランベリー ・・・・・ 50g
・ キルシュワッサー ・・・・・ 大さじ1 ( クランベリーの漬け込み用 )


飾り用

・ キルシュワッサー漬けドライクランベリー ・・・・・ 少量
・ ピスタチオ ・・・・・ 少量
・ パータグラッセ ピュール・ブランシュ ・・・・・ 30g
  ( コーティング用ホワイトチョコレート ) 


仕上げ用シロップ

・ 水 ・・・・・ 大さじ2 
・ グラニュー糖 ・・・・・ 大さじ2
・ キルシュワッサー ・・・・・ 大さじ1  



下準備

・ ドライクランベリーは ぬるま湯で丁寧に洗い、ゴミやコーティングオイルを落とす。
  水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、大さじ1のキルシュワッサーに漬ける。 
  できれば、一晩以上、漬けこむと風味が増して美味しい。
  飾り用に少量、取り分けておく。

・ 卵とバターは室温に戻しておく。

・ 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて 2~3回ふるっておく。

・ クグロフ型に室温に戻したバター ( 分量外 ) を薄くぬり、強力粉 ( 分量外 ) をふって
  余分な粉を落とし、冷蔵庫に入れておく。

・ 仕上げ用のシロップを作り、冷ましておく。
  水とグラニュー糖を耐熱容器に入れて電子レンジで加熱し、混ぜてグラニュー糖を
  溶かす。 粗熱がとれたら、キルシュワッサーも加え混ぜる。

・ オーブンは180℃に予熱する。


作り方

1. ボウルに室温に戻したバターとグラニュー糖を入れ、ゴムベラでなじむまで
  しっかりとすり混ぜる。
  ハンドミキサーの低速で白っぽく、ふんわりしたクリーム状になるまで
  大きく回しながら 5分ほど撹拌する。
  ゴムベラでボウルの側面についた生地を落としながら、中心に集める。


2. 溶き卵の 1/4量を加え、ハンドミキサーの低速で2分ほど混ぜる。
  残りの卵を3回に分けて加え、そのつど同じように混ぜる。


3. 粉類を入れ、ゴムベラで切り混ぜる。
  粉が見えなくなったら、キルシュワッサー ( 小さじ1 )、クランベリー、レモンピールを加え
  生地がなめらかになるまで混ぜる。


4. クグロフ型に生地を入れ、ゴムベラでならす。

Kouglof aux canneberges



5. 180℃に予熱しておいたオーブンで 45分焼く。
  竹串をさして生地がついてこなければ焼き上がり。

Kouglof aux canneberges



6. すぐに型から出し、ケーキクーラーにのせて粗熱をとる。
  シロップを全体にまんべんなく刷毛でぬり、しみこませる。
  そのまま2~3時間おき、ケーキが完全に冷めてから飾りつけをする。

Kouglof aux canneberges



7. 飾りつけ用のコーティング用ホワイトチョコレートを湯煎で溶かし、ケーキの
  頭の部分にスプーンでまわしかける。
  あらかじめ、飾り用に取り分けていたクランベリーと刻んだピスタチオを飾りつける。 



クランベリーのクグロフで使用したアイテムです













テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

09:19  |  [SWEETS]焼き菓子
 | HOME |