03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

シュトーレン

2017.12.06 (Wed)


シュトーレン

ドイツで親しまれているクリスマスを祝う発酵菓子、シュトーレン。
バター、砂糖、卵をたっぷり配合したリッチ生地に ラムレーズン、オレンジピール、
アーモンドを混ぜ込みました
本場ドイツでは、クリスマスの4週間前からシュトーレンを薄く切り、クリスマスを
待ち望みながら少しづづ食べていきます。
少しづつ食べていく間に シュトーレンが熟成されてフルーツの味わいが全体に
広がり、味の変化が楽しめます。
手軽に作れるので、お好きなドライフルーツやナッツをたくさん混ぜ込んで、
手作りの愛情いっぱいシュトーレンでクリスマスを心待ちにしましょう



材料 ( 1個分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 100g
・ 薄力粉 ・・・・・ 60g
・ 砂糖 ・・・・・ 30g
・ 塩 ・・・・・ 2g
・ 無塩バター ・・・・・ 50g
・ 卵黄 ・・・・・ 20g ( Mサイズ 1個分 )
・ 水 ・・・・・ 60 ~ 70ml
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 4g


混ぜ込み用

・ レーズン ・・・・・ 60g
・ オレンジピール ・・・・・ 30g
・ ラム酒 ( 漬けこみ用 ) ・・・・・ 大さじ2  
・ ローストアーモンド ( ホウル ) ・・・・・ 30g


仕上げ用

・ 無塩バター ・・・・・ 15g
・ 粉砂糖 ・・・・・ 大さじ1 ~ 2


下準備

レーズンとオレンジピールは ぬるま湯で丁寧に洗い、レーズンのコーティングオイルや
オレンジピールの余分な糖分を落とす。 水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、
ラム酒に漬ける。
できれば、一晩以上、2~3日漬けこむと風味が増して美味しい。
使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり
取り除いておく。 ラム酒の代わりにオレンジキュラソーでも代用できます。 
お好みのリキュールを使用してください。  


作り方


1. ホームベーカリーに ラム酒漬けフルーツとアーモンド以外を入れ、生地作りコースで
  パン生地を捏ねる。 生地の捏ね上り直後にパンケースから生地を作業台に取り出し、
  生地を広げ、ラム酒漬けフルーツとアーモンドを混ぜ込み、丸くまとめて、ボウルに入れ
  ラップをかけ、オーブンの発酵機能で 一次発酵させる。 40℃で35~40分くらい。
  ホームベーカリーの混ぜ込み機能を使うとラム酒に漬けたドライフルーツが潰れて
  水分が出て、生地がベタつき、発酵が鈍くなります。
  手間はかかりますが、ドライフルーツは手で混ぜ込んだ方がキレイに仕上がります。


シュトーレン


シュトーレン



2. 発酵終了 →  フィンガーテスト →  ガス抜き →  丸め直し →  ベンチタイム 10分

シュトーレン



3. とじ目を上にして、めん棒で 24 X 20cm位の縦長の楕円形に伸ばす。
  生地の中心をめん棒で押さえて折りめをつける。
  奥の生地を手前へ2cm位折り、手前の生地を奥へ2cm位折る。
  生地を中心から ふたつに折り、上から押さえて形を整える。
  クッキングシートを敷いた天板にのせる。
  生地の上に ふんわりとラップをかけ、その上にかたくしぼったぬれ布巾をかける。
  オーブンの発酵機能を使い、40℃で35~40分、二次発酵させる。

blog_20171204_002.jpg



4. 二次発酵後、190℃で予熱しておいたオーブンで、20 ~ 23分焼成。
  焼成後、ケーキクーラーに移し、熱いうちに仕上げ用のバターを生地全体にぬり
  粗熱をとる。 粉砂糖を茶こしを通して全体にまんべんなくふる。
  バターも粉砂糖も底の部分にも しっかりつけてください。

シュトーレン


保存方法

シュトーレンは熱いうちにバターをぬり、ぬくもりがあるうちに粉砂糖をふり、
完全に冷めてから、ビニール袋に入れて常温で保存する。 
保存料が入っていないので、早めに食べきり、かたくなったら アルミホイルに
包んでオーブントースターで温めてください。


テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

10:48  |  [BREAD]スイートブレッド 
 | HOME |