10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

おからレーズンブレッド

2018.10.19 (Fri)

おからレーズンブレッド

おからレーズンブレッド

おから入りの菓子パン生地にラム酒に漬け込んだミックスレーズンを
たっぷり混ぜ込んで、おからレーズンブレッドを焼きました
しっとりしたパン生地にラム酒風味のレーズンがとてもあいます。
パン生地に おからをたっぷり配合しているので腹持ちもいいです


材料 ( 8コ分 )

・ 強力粉 ・・・・・ 200g
・ 砂糖 ・・・・・ 20g
・ 塩 ・・・・・ 3g
・ バター ・・・・・ 20g
・ スキムミルク ・・・・・ 大さじ1
・ インスタントドライイースト ・・・・・ 3g ( 小さじ1 )
・ 水 ・・・・・ 110ml
・ 卵 ・・・・・ 30g
・ おから ・・・・・ 50g


混ぜ込み用

・ ミックスレーズン ・・・・・ 90g
・ ラム酒 ( 漬けこみ用 ) ・・・・・ 大さじ2


焼成用

・ クリスタルシュガー または グラニュー糖 ・・・・・ 適量
・ ぬり卵 ・・・・・ 少々


下準備

レーズンは戻さずそのまま使用すると、パン生地の水分を吸い取ってしまい
パン生地がパサパサになるので、必ず、下準備をしましょう。

レーズンは ぬるま湯で丁寧に洗い、レーズンのコーティングオイルやゴミを
落とす。 ノンオイル、オイルがコーティングされていないレーズンの場合でも
同じく処理してください。 ぬるま湯で洗うことで、レーズンがふっくらと戻ります。
水切り後、ペーパータオルで水分をふきとり、ラム酒に漬ける。
できれば、一晩以上、2~3日漬けこむと風味が増して美味しい。
使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり
取り除いておく。 



作り方

1. 生のおからを使用する場合は お皿におからを広げてラップをかけずに
  レンジで2~3分ほど加熱し、水分をとばし、冷ましておく。

おから



2. ホームベーカリーにラムレーズン以外の材料を入れ、生地作りコースで
  パン生地を作る。
  生地の捏ね上り直後にパンケースから生地を作業台に取り出し、生地を広げ、
  ラムレーズンを混ぜ込み、丸くまとめて、ホームベーカリーのパンケースに戻し、
  そのままホームベーカリーで発酵させる。
  ホームベーカリーの混ぜ込み機能を使うとラムレーズンが柔らかいので粉々になります。
  手間はかかりますが、ラムレーズンは手で混ぜ込んだ方がキレイに仕上がります。

おからレーズンブレッド



3. 発酵終了→ ガス抜き → 8分割 → 丸め直し → ベンチタイム 10分



4. ベンチタイム終了後、ガス抜きをして丸めなおす。

おからレーズンブレッド



5. クッキングシートをしいた天板にのせ、全体にラップをふんわりかぶせ、
  その上にかたくしぼった ぬれ布巾をかけ、オーブンの発酵機能で二次発酵させる。
  40℃で35分。

おからレーズンブレッド



6.  二次発酵後、生地の表面にハケで薄く卵をぬり、ハサミで十字の切込みを入れ
   クリスタルシュガーを散らす。

おからレーズンブレッド

おからレーズンブレッド



7. 190℃に予熱したオーブンで 13分焼く。
  途中、焦げそうになったらアルミホイルをかぶせてください。

おからレーズンブレッド



このレシピで使用したアイテムです





おから

( 株 ) 小菱屋 「国産大豆のおから」 300g入り
国産大豆を絞ってできた「国産大豆100%」のおからです。
真空パックで日持ちが良く、加熱処理済みなので すぐに使用できて便利
パン、焼き菓子作りに使用してもパサつかず、しっとり仕上がります。


テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

09:36  |  [BREAD]おからパン
 | HOME |