LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP[SWEETS]焼き菓子 ≫ パン・オ・シトロン

パン・オ・シトロン

パン・オ・シトロン

blog_pc_0006.jpg

普通のパウンドケーキより、油脂分が 1/2 なので ダイエット中の方にも
おすすめの さわやかなシトラス風味のパウンドケーキです。 
生地には 芳醇な香りのグランマルニエと さわやかな風味のオレンジピールを
混ぜ込み、軽い食感に焼き上げました。
油分が少ないので、パサつき防止に グランマルニエのシロップを生地に
しみこませ、レモンアイシングとレモンの皮のすりおろしでデコってみましたハート
当日よりも、シロップがしみこんだ翌日が食べ頃です ペロッ


blog_pc_0004.jpg


blog_pc_0003.jpg


blog_pc_0002.jpg


じぇれみあ 材料 ( 18cmパウンド型1台分 )

・薄力粉 ・・・・・ 120g
・ベーキングパウダー ・・・・・ 小さじ1
・ケーキ用マーガリン ( 常温に戻す ) ・・・・・ 50g
・牛乳 ・・・・・ 70ml
・グラニュー糖 ・・・・・ 80g
・卵白 ・・・・・ 2コ分
・卵黄 ・・・・・ 2コ分
・グランマルニエ ・・・・・ 小さじ1
・オレンジピール ・・・・・ 適量

[ 仕上げ用シロップ ]

・グランマルニエ ・・・・・ 大さじ1
・グラニュー糖 ・・・・・ 大さじ1
・水 ・・・・・ 大さじ1

[ 仕上げ用フォンダン ]

・レモン果汁 ・・・・・ 30g
・粉砂糖 ・・・・・ 小さじ1

[ 仕上げ用飾り ]

・レモンの皮のすりおろし ・・・・・ 少々


なっちやん 作り方

[ 下準備 ]

・オレンジピールは細かく切り揃え、前日から グランマルニエ
( 分量外 )に つけておく。

・牛乳を人肌程度に温めておく。

・型にオーブンシートを敷いておく。

・オーブンを180℃に温めておく。


① ボールにマーガリンを入れてクリーム状にし、半量の砂糖を
加えてすり混ぜる。 続いて といた卵黄を少しずつ加えながら
よく混ぜ合わせ、グランマルニエも加える。

② ①に牛乳を少しずつ加え混ぜ、薄力粉とベーキングパウダーを
合わせて ふるい入れ、ゴムベラで さっくりと混ぜあわせる。
オレンジピールを加え さらに混ぜる。

③ 別のボールで卵白を泡立てる。泡のキメが細かくなったら 
残りの砂糖を2~3回に分けて加えながら 角がピンとたつまで泡立てる。

④ ③を②に加えて さっくりと混ぜ、型に生地を流し入れ、
型を少し高いところから落とし、生地の中の空気を抜く。

④ 180℃のオーブンで50分焼く。
オーブンに入れて 7分ほど経ったら、一度 取り出し、少し水で
ぬらしたナイフで生地の中央に深く筋を入れる。

⑤ シロップを作る。 水、砂糖を耐熱容器に入れて、よく混ぜ合わせ、
レンジで加熱し、砂糖を完全に溶かす。
粗熱が取れたら、グランマルニエも加えて混ぜる。

⑥ ケーキ全体に シロップ全量を刷毛でぬり、しみこませる。
そのまま、2~3時間おく。

⑦ レモンアイシングを作る。 粉砂糖にレモン汁を加えて よく混ぜる。

⑥ シロップをしみこませた生地に レモンアイシングをかけ、
レモンの皮のすりおろしを散らして完成。


ハート おすすめ



馬嶋屋菓子道具店で購入した、フッソパウンド型を使用しました。


Comment

SARAH
編集
初めまして。
いつも美味しそうな日記で、創作意欲を掻き立てられます。本当に何を作ってもお上手なんですね。
私は作るのは好きですが、 Lela*さんのように、
こんなに上手に出来ません^^;

日記を読んでいて気になったのですが、
Lela*さんは阪急電車によく乗られますか?
私は昔通っていた会社が宝塚にあったのですが、
阪急宝塚駅降りてすぐにある(SORIO 1Fになるのかな?)
『SARAH』←間違ってたらすみません;
と言う喫茶店をご存知ですか?
ここのケーキはどれも美味しいです^^(ランチなども美味しいです)
季節限定で出る、パンプキンタルトはかなりはまりました^^;
それと、飲み物も美味しいです。
お勧めはロイヤルミルクティー、シナモンティーなど。
紅茶は、確か静岡からだったか、美味しい水を仕入れているそうです。

もうご存知だったらすみません。
もしご存じなければ、一度足を運んでみて下さい。
2008年09月03日(Wed) 01:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL