LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

テーブルロール

テーブルロール

ABC Cooking Studio ブレッドコース 新基礎Cクラス U のテーブルロールです。
ABCの生徒専用のWEBサイトの復習ページに 配合表が記載されてあったので
旧基礎の作り方で 配合だけ 新基礎に変えて作りました。
配合の違いは 粉の量が増えた分、砂糖、バター、水の量なども増えました。
おまけに 私は 配合にはありませんが、スキムミルクを 小さじ2 加えて
風味をUPさせました。
以前のバターロールも水分量が多くて 捏ねはじめは ベタベタと手にくっついて
まとまるどころか、たて捏ねさえ まともにできなかったけど、新しい方も
最初は 捏ねにくいです。 あえて、上級の真ん中にもってきたのも納得です。
でも、軽く叩き捏ねを 途中 何度か入れることで 生地がまとまり、とても
なめらかで つややかな生地に変貌しました。
何度も何度も 手のひらについた ベタベタの生地を コルヌで はがし、
はがし作業し、捏ね上がりが近づいてきたら 捏ねすぎないように 
気をつけました。


テーブルロール ~ クラム

焼き上がり直後、あまりにも ふわんふわんすぎて 手でわると 生地が押し潰れ
ちゃったので、粗熱が取れてから 良く切れるブレッドナイフで 半分に切り分けました。
ふわふわ加減が伝わるかなぁ?! 旧基礎のバターロールよりも、はるかに 
やわらかくて、お味も格別です。


テーブルロール ~ 成形

テーブルロールの代替 レッスンで スウィート メイプルを作った際、先生に
テーブルロールの巻き方も ちょこっとだけ レクチャーしていただきました。
おかげで、こんなに クルクルと巻けました。
テーブルロールの生地の伸ばし方や巻き加減は ほんと難しい。
強めに巻きすぎると、焼成中に裂けるし、弱いとダレるし・・・
でも、このパンほど キレイに焼けるようになると 嬉しさ倍増かも~ ハート
い~っぱい練習して もっともっと綺麗な形のロールパンを作りたいなぁ~


テーブルロール ~ 二次発酵前

テーブルロール ~ 二次発酵後

発酵前と発酵後です。
生地の半分は テーブルロールに 残りは スイートメイプルの編みパンに。
生地が ちゃんと育っていくのを見ると嬉しいです (笑)

Comment

scarlettさんへ♪
編集
お久しぶりのコメント、嬉しいです♪
パン&お菓子作り 楽しんでおられるようで安心しました(^-^)
私も いまだに 生地の心がつかめない配合に出くわすと
まとまるまで 心の中で自分に 「だいじょうぶ、だいじょうぶ♪」と
言い聞かせながら ただ ひたすら捏ねてる時があります。
まとまらない時は 途中 何度か 叩き捏ねを加えると 生地が
台から離れてきますよ。
ABCでは 一切 打粉はしないので ベタつく生地の時は
かなり不安になります(^^;)
でも、不思議とまとまってくるから不思議でおもしろいです。
出来の悪い子ほど かわいいと言いますもん(笑)
挫折のない人生に面白みがないのと同じで、パン作りも
挫折があるからこそ、成長し、楽しいんです。
自分の人生に重ねて パンを作ると、ちょっとやそっとの
挫折や失敗に 凹んでられない(笑)
人生の酸いも甘いも ご存知の scarlettさんが作るパンやお菓子、
きっと、優しくて 温かくて 元気が湧いてくるような味だと思います。
これからも お互いに がんばろう(^-^)♪
2009年02月01日(Sun) 04:40
yuikaさんへ♪
編集
> パンつくりって、そのとき、そのときで違うから、
> いつも同じようにいかないもん。


そうそう、その通り♪
ABCでは ちゃんと作れたのに 自宅で復習したら
「ちょっと ちゃうやん(T_T) 」ってことも 度々(笑)
でも、そこが楽しいところだよね!
2009年02月01日(Sun) 04:15
むずかしいわ~
編集
 やっぱりLela*さんの捏ねたパン生地は綺麗やな
元々上手に捏ねたはったとこへ今は本格的に習ったはるもんなぁ
“出産直後の感動”かぁなるほどなぁ
そうすると私は出来の悪い子ばっかり作ってるな
 
 今年になってお菓子もパンもバンバン焼いています。
 長いお休みをしていたぶん物凄く意欲的にあれやこれやと作っています。
 怖がってなかなかトライ出来ずにいた手捏ねにも
取り組んでいますが、どうにもバターロール生地で躓いてしまってあきません。
 五日続けてトライして撃沈です。どうにも、一次発酵で躓くのです。
(最初のプロセスでもたついてるってことやんか!)
いろいろ試行錯誤しながら、今日こそはっと懲りずに捏ねるのですが、失敗v-406
 もう何が悪いのかわからんようになってしもた。

 けどね、出来損ないのパンばっかり焼きながらも
こうやってまたパンやお菓子を焼ける時間が
戻ってきたことが嬉しくて楽しくて仕方ない自分がいるのです。
 だから失敗しても失敗しても毎日パンを焼いているのだと思う。
 それに何よりパンを捏ねるのは楽しい。
始めたばかりのへたくその私でも毎日生地の表情の違うのがわかる。
 何でも一朝一夕には上手になれるもんではないので、
ふんわりキメの細かいパンが焼けるまで頑張りますわ。v-366


2009年01月30日(Fri) 16:31
編集
ほんと、ほんと、そうだよね。
パンつくりって、そのとき、そのときで違うから、いつも同じようにいかないもん。

五感を研ぎ澄ますことと、時間に味方になってもらうことと、同列に感じるんだけど、うーん、伝わるかな~?

時間かかる~って作ってるよりも、おお、できてきてる~っていう感じ。(*^_^*)


漫画の「もやしもん」を愛読して以来、醗酵も興味深く、あのあたたかさが、たまりません。(笑)
2009年01月28日(Wed) 12:57
yuikaさんへ♪
編集
こんばんは(^-^)

> 上手に時間を読まないとできない。
> もっと時間と上手につきあっていかなくちゃ。


私も 以前は時間を気にしていましたが、手ごねパンを
作りだしてから、重要なことは 時間ではないと気が付きました。
季節や湿度、パン生地の配合によって 発酵の進み方も
焼き温度・時間も違うので 大切なのは 時間より
自分の五感を研ぎすませることだと思うようになったなぁ。
私、パンを作る時は とっても無口。
無我の境地に入るから(笑)
捏ねる時は 全神経を手のひらに集中させて、生まれたての生地を
育てるような感覚・・・うまく言えないけど(^^;)
だから、一期一会のパン生地が とても愛おしく思う。
パンが焼き上がるたびに 出産直後の感動がよみがえるって感じに
近いです(笑) 一般人とは パン作りに対する思いが
かなりズレてますが(^^;)
HB、手ごねにかぎらず、発酵後の生地って ほんとに愛おしいのよ(笑)
2009年01月28日(Wed) 00:02
編集
かわいぃ~♪
きめ細かい生地、ふわふわでおいしいのだろうな~。(*^_^*)
手捏ねだと、どんどん生地がいとおしくなるでしょうね。

いつか、私も挑戦してみたいです。
今は、HBに捏ねてもらって、成形して焼くという手順でさえ、上手に時間を読まないとできない。
もっと時間と上手につきあっていかなくちゃ。

Lela*さんに教えてもらった、牛乳よりスキムミルクのほうが風味がいいっていうの、分かりました。
シンプルなパンほど、違いがわかりますね。
教えてくれて、ありがとう。(*^_^*)

↓バレンタインのチョコ、今年はチョコレートケーキにしようかと思っていますが、マドレーヌになるかフィナンシェになるか、ビスキュイになるか、まだ迷ってます。
でも、ゴティバのチョコは、毎年買ってます。(笑)
2009年01月26日(Mon) 21:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL