08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

食パンにかける想い

2009.11.10 (Tue)

山食

山食 焼成後

山食 二次発酵後

私は 今まで色んなパンを作ってきたけれど、その中でも シンプルな山食が
一番好き。 山食を究めたくて 今のベーカリーに 無謀ともいえる転職を
したんだもの。 転職して まだ数か月だけれど、憧れの山食の生地に直接
触れて感じたのは、パンは生き物だってこと。
愛しく育んだパン生地は 微笑み返してくれるような感じ。
山食を作るたびに思うことは、このパンだけは自分の心を隠せない。
捏ねてるとき、成形してるとき、自分の心が手のひらから パン生地に
ダイレクトに伝わります。
1枚目の写真をご覧になったみなさまに 私の気持ちが伝わるでしょうか?!

先日、自分の無謀ともいえるベーカリーへの転職の不安と迷いと焦りを
見ず知らずの面識もない、パン業界では有名なパン職人さんに 彼が書いている
ブログの感想と称して、メールに書いて送ってしまったの。
私って けっこう恐いもん知らず。
彼は多忙な時間を見ず知らずの私のために 時間をさいて、丁寧なお返事を
書いてくれました。 

私の憧れの師でもあり、有名なパン職人が書いてくださった お返事を 
ちょこっと 抜粋して こちらに記載します。
私と同じく 夢を実現させるためのプロセスで迷い、悩んでおられる方々にも
エールになればと思います。


『スタートは、切ったところがスタートラインです。
他人と比べて早い遅いなんて関係ありません。
自分の人生、誰でもなく自分が納得できるよう生きてあげなくてはいけません。
ただし、デメリットから目を逸らすのも現実逃避。
その年齢から始めたデメリットを把握するから補う術が見えてきます。
逆に、その年齢までパンしかやって来ず、
技術や経験に溺れてる職人には見えなくなってる大切なものを、
貴方は大事に持っているじゃありませんか。
夢には期限はありません。
掴むまで挑んだ人間が「夢を実現した人」。
掴む前に諦めた人間が「夢を実現できなかった人」。
ただその2種類にしか分類されません。
ゆっくりでもいいですから、せっかく抱いたその想いを、
大事に育てていってあげてください。
その想いを守り育めるのは、貴方ご自身しかいないのですから。』



写真の山食は このお返事を読んだ後、感激の涙を流しながら
自分の思いをパン生地に叩きこみました。
夢を実現できる人って、ほんとに 最後の最後まで 自分を信じて
夢をあきらめず、努力できるかどうかなんだなって思いました。
甘っちょろい考えに 「パン屋は街のパン教室じゃないんだぞ!」って
一喝されるかと思いきや、こんな風に見ず知らずの他人に 言葉を
贈ってくださるなんて 夢にも思いませんでした。
この大切な大切な贈り物を 一生の宝ものにしよう。
そして、必ず 夢をかなえる。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

22:23  |  [BREAD]食パン 1斤型 
 | HOME |