LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

ベリーのブール・ド・ネージュ


blog_20170613_002.jpg


プレーンのブール・ド・ネージュ生地にフリーズドライフレーク フランボワーズを
混ぜ込み、ストロベリー風味の溶けにくい粉砂糖をまぶして、ベリーのブール・ド・
ネージュを作りました。
ダブルのベリー使いで、甘酸っぱく、風味豊かな美味しいブール・ド・ネージュが
できました。 ちなみにブール・ド・ネージュとは、フランス語で「雪の玉」という意味の
焼き菓子です。 口の中でほろっと崩れて、とける感覚は癖になるおいしさです。
小さな一口大のクッキーなので、小袋につめて、ちょっとした贈り物にも
材料も少なく、とっても手軽で簡単に作れます。



材料 (約 30コ分 )

・ 無塩バター ( ケーキ用マーガリンでもOK ) ・・・・・ 50g
・ 粉砂糖 ( 白 ) ・・・・・ 20g
・ 薄力粉 ・・・・・ 60g
・ コーンスターチ ・・・・・ 7g
・ アーモンドパウダー ・・・・・ 25g
・ フリーズドライフレーク フランボワーズ ・・・・・ 2袋 ( 6g )

仕上げ用

・ 粉砂糖 ( 白 ) ・・・・・ 20g
・ ストロベリー風味の溶けにくい粉砂糖 ・・・・・ 20g  




blog_20170613_008.jpg


blog_20170613_009.jpg


blog_20170613_006.jpg


ボウルに室温に戻したバターを入れ、バターをクリーム状にし、粉砂糖をふるい入れ
混ぜる。 馴染んだら、粉類とフリーズドライフレーク フランボワーズを入れ、
切り混ぜては押さえるを繰り返す。
粉気が無くなったら生地を広げたラップに取りだし、厚み1cmくらいの長方形に形を
整える。 冷蔵庫で30分以上、冷やす。
天板にクッキングシートをしき、オーブンの予熱を入れておく。 予熱 180℃
冷やした生地をスケッパーで等分に切り分け、手のひらで丸めて天板に並べる。
予熱を入れておいたオーブンで 約18分焼く。
焼成後、ビニール袋に仕上げ用の2種類の粉砂糖を入れ混ぜ合わせる。
焼きあがった生地の粗熱がとれたら、ほんのり温かいうちに粉砂糖が入っている
ビニール袋に入れ、粉砂糖をまぶしからめる。



blog_20170613_004.jpg


ピンク色のかわいいベリーのブール・ド・ネージュは 中学生の娘のお気に入りの
焼き菓子です
学校で人間関係や勉強、部活のことなどで色々、悩みが多くなる年頃、
娘が少しでも元気になってくれたらと、焼きました。
娘の笑顔は私の癒し 今度は一緒に作ろうね



富澤商店 楽天市場店で購入できます









ラウゲンブロート


blog_abc_20170612_002.jpg

ABCクッキングスタジオのブレッドコース、マスタークラスでラウゲンブロートを
受講しました。 ドイツの伝統的なパンです。
ラウゲンブロートの「ラウゲン」とは、ドイツ語でアルカリのこと、「ブロート」は
パンという意味。 アルカリ液に漬けて焼いたパンってことです。
焼成前にアルカリ液に漬けて焼くことで、綺麗な褐色の焼き色のパンになります。

このパンを作る場合、もともとドイツでは可性ソーダ(NaOH)という薬品が使用され
ますが、可性ソーダは薬局で購入しなければならず、劇薬に指定されているそうです。
劇薬だけど、焼成によって化学反応を起こし、ナトリウム系の中性塩に変化するため
食べる時には無害になるそうです。
化学反応によって、生成した塩にはナトリウムが含まれるため、クラストは独特の
塩味になり、焼き色も特徴のある赤褐色に仕上がります。

ABCクッキングスタジオの授業では可性ソーダの代用として「重曹」を使用し、塩分を
補う為に塩を一緒に加えています。

作り方はベーグルみたいに お湯で茹でた後、オーブンで焼成します。
ラウゲンブロートの場合、成形した生地を重曹と塩を加えた お湯で茹で、水気を切り、
卵水をぬり、岩塩とケシの実をトッピングし、クープを入れて二次発酵なしで焼成します。




blog_abc_20170612_003.jpg



blog_abc_20170612_006.jpg

ブールに成形した方には ケシの実と岩塩の両方をトッピングしました。
ケシの実のプツプツ感がいい感じ
ほんのり甘みを感じるパン生地に ほどよい感じの塩味が重なり美味しかったです。
茹でてから焼成するので、もちもち感というか、むぎゅっとした食感でした。
ベーグルをずっしり重たくした感じかな。





blog_abc_20170612_004.jpg

こちらのドッグ形の方は、岩塩のみのトッピングです。
ブールより こちらの方がクープ入れが難しかったです。
茹でた後、卵水をぬってからのクープ入れです・・・ ベタベタの生地に刃がくっついて
切りにくい。 皮を一枚削ぐような感じで・・・と先生がおっしゃっていましたが、刃を
入れてみると、その感覚がわかったような気がしました。




blog_abc_20170612_007.jpg

ラウゲンブロートにキャベツをカレー粉でソテーしたものと、ハーブ入りの
白いソーセージをサンドして、ジャーマンドッグを作りました。
間違いない美味しさでした



  

人気ブログランキング



カフェマーブル


blog_20170608_006.jpg


コーヒーを加えた生地とプレーン生地の2種類を作り、チョコチップとともに
マーブル状に成形して、合わせトヨ型で焼き上げました。

このパンはABCクッキングスタジオのブレッドコース基礎クラスで作った
ショコラ マーブルのアレンジです。
ココア生地をコーヒー生地に変更しただけなんですが、コーヒー風味の方が
パン生地がふわふわで美味しい


参考記事 : ショコラ マーブル 
http://homebakery.blog55.fc2.com/blog-entry-1011.html




blog_20170608_001.jpg

合わせトヨ型に張りついているのは スライスアーモンドを砕いたものです。
三つ編みにした生地が二次発酵で膨らみ、さらに焼成し膨らみ、この砕いた
アーモンドがパン生地にキレイにくっつくのです。




blog_20170608_004.jpg


blog_20170608_002.jpg

焼き上がりは こんな感じです。
砕いたアーモンドも ちゃんと生地に張り付いています。





 Many Thanks