LaLa* Rie

ABCクッキングスタジオと自宅で焼いたパン、焼き菓子などの記録を綴ってます
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

カフェマーブル


blog_20170608_006.jpg


コーヒーを加えた生地とプレーン生地の2種類を作り、チョコチップとともに
マーブル状に成形して、合わせトヨ型で焼き上げました。

このパンはABCクッキングスタジオのブレッドコース基礎クラスで作った
ショコラ マーブルのアレンジです。
ココア生地をコーヒー生地に変更しただけなんですが、コーヒー風味の方が
パン生地がふわふわで美味しい


参考記事 : ショコラ マーブル 
http://homebakery.blog55.fc2.com/blog-entry-1011.html




blog_20170608_001.jpg

合わせトヨ型に張りついているのは スライスアーモンドを砕いたものです。
三つ編みにした生地が二次発酵で膨らみ、さらに焼成し膨らみ、この砕いた
アーモンドがパン生地にキレイにくっつくのです。




blog_20170608_004.jpg


blog_20170608_002.jpg

焼き上がりは こんな感じです。
砕いたアーモンドも ちゃんと生地に張り付いています。





 Many Thanks



スパイシー ウィンナー


blog_20170607_002.jpg

スパイシーなブラックペッパー入りの生地でウィンナーとチーズを包んで焼きました。
ベースのレシピは ABCクッキングスタジオのブレッドコース リッシュクラブ
トゥインクルのT5. ペッパーロングです。
パン生地の配合は そのままだけれど、クープの入れ方とピザ用チーズをアレンジ。
チーズを加えたことで、ブラックペッパーの風味が和らいで、中学生の娘ちゃんも
食べることができました。
・・・と言うのも、このパン生地は粉量180gに対して、ブラックペッパーが小さじ1も
入るので、かなりスパイシーなのです。
捏ねる際、ブラックペッパーのせいで むせます





blog_20170607_003.jpg

長方形に伸ばした生地にウィンナーとピザ用チーズをのせ、棒状に成形します。
基礎クラスのカマンベールソーセージと同じにしました。





blog_20170607_004.jpg

成形した生地にABCのオリジナルレシピではバゲットのようなクープ入れをします。
でも、今回は細かい間隔でクープを入れました。 ちなみにクープは二次発酵前に
入れました。 その方が キレイにクープが残ります。




blog_20170607_008.jpg

焼き上がりは こんな感じです。
所々、チーズが溶けだして美味しそう




blog_20170607_001.jpg

パン生地はリーンな生地でバターの代わりに少量のオイルを使用します。
今回は オリーブオイルを使いました。 ABCクッキングのレシピではサラダ油を
使用します。 ブラックペッパーも美味しくて、お酒に合いそうだけれど、代わりに
ハーブを何種類か混ぜ込んでも美味しいと思います。
パン生地は強力粉と薄力粉をブレンドしているので、サックリと食感は軽いです。
私は大好きなリスドォル ( フランス粉 ) を使用しました。




ベーコンとズッキーニのキッシュ


blog_abc_20170605_004.jpg


ABCクッキングスタジオのブレッド リッシュクラス ( ギフト ) でベーコンとズッキーニの
キッシュを作りました。
じゃがいも、ズッキーニ、ベーコンを層にして、サクサクのタルト生地で焼き上げた
大きなキッシュです。 タルト生地からアパレイユまで全て手作り
ブレッドコースなのに何故、キッシュとも思いましたが、キッシュはフランスの
ロレーヌ地方の郷土料理なのでフランスの食文化を学ぶ機会だと思えば納得。




blog_abc_20170605_006.jpg


あらかじめ焼いておいたサクサクのタルト生地に薄くスライスしてレンジで加熱した
ジャガイモ、ズッキーニ、大き目に切ったベーコンを重ねてゆき、卵、生クリーム、
牛乳、調味料、粉チーズ、ピザ用チーズなどを混ぜ合わせた、アパレイユを流し込み
焼成しました。




blog_abc_20170605_005.jpg


レッスンでは 15cmの紙製ケーキ型を使用しました。
なので、けっこうなボリュームがあります。 ケーキボックスに入れてお持ち帰りです。




blog_abc_20170605_002.jpg


ABCクッキングスタジオにて、焼き立てを撮影しました。
タルト生地作りから始まり、具材の下ごしらえ、アパレイユ作りと進み、タルト生地のみを
焼くのに約25分、さらに具材やアパレイユを入れてから約40分ほど焼くので、けっこう
忙しいレッスンになりました。
けっこう作るのに大変だったわりには、我が家の子供達には不評で残念・・・
娘曰く、「味が薄い」、だそうです。
粉チーズもピザ用チーズも入っているので塩分は濃いめかと思いきや、調味するとき
塩コショウがすくなかったかも。
でもまぁ、レッスンでなければ、一からキッシュを作る機会はないので良い経験に
なりました



  

人気ブログランキング